大連外国語大学留学帰国レポート

大連外国語大学【2017年度後期帰国】交換

レポート作成S.K

 2017年の2月末から大連外国語大学への留学が11月ごろに決定し、間の3ヶ月間で入学許可書や成績書のコピー、またビザの取得などのやらなければならない手続きがいくつかあります。また留学に行くにあたり、書類提出などの事務的な作業をするとともに、また留学先の学校の情報も得ておいたほうがいいと思います。

 実際に留学先での生活は毎日が本当に早く過ぎていきます。留学先では私は寮に住み、ロシア人、モンゴル人、中国人など私とは違う文化を持った人たちと共に生活してきました。時々、衝突することもありましたが、日本での生活の中では感じることのできない経験をたくさんしました。この他にも、留学先での課外活動に参加したり、日本人の社会人の方との交流があったりと、自分自身を成長させてくれる体験をしました。授業を受けることも必要ですが、こういった経験も自己形成や将来の就職、就職後につながる貴重なことであると思います。

 帰国後はレポートの帰国報告書の提出などがいくつかあります。

 私個人的には、しんどかったこと、つらかったことがほぼなく、楽しかったこと、面白かったことしかありませんでした。しかし、ただ楽しかっただけの留学では大きな意味がないので上記にも書いたような経験を活かしていきたいです