東亜大学留学帰国レポート

東亜大学【2014年度後期帰国】交換

レポート作成Y.K

私は2014年3月から約1年間、釜山にある東亞大学に交換留学しました。

 

・語学堂について

〈授業〉語学堂の授業は大学の二学期制とは異なり一年間に四学期あります。一学期は10週間の約2ヶ月半で、学期と学期の間には約3週間の休み期間があります。月曜日から金曜日まで平日は毎日授業があります。初級から高級まで5つの級に分かれており、中級と高級は午前9時から午後1時まで、初級は午後1時から5時までの4時間の韓国語授業を受けます。 授業は一週間に2時間ずつのライティングと語彙の授業と、その他の時間は教科書に沿って勉強します。約3日間で1課分を終え、1課が終わるごとに宿題が出ます。授業は文法や書くことももちろん勉強しますが、隣の人とペアになって話したりグループに分かれて意見を話したりする「話す」ことの練習が多かったです。

  語学堂では通常の授業の他に、特別授業として演劇大会やスピーチコンテスト、遠足があります。特別授業や特別授業の準備や練習は大変で苦労することもたくさんありますが、クラスの友達と仲良くなる良い機会になりました。  語学堂の学生は半分以上が中国人です。ベトナム人、台湾人、カンボジア人がいました。欧米の学生もいましたが少なかったです。 〈試験〉語学堂の試験は一学期に中間試験と期末試験の二回あります。試験は二日間で行われ、試験科目はリーディング・ライティング・リスニング・スピーキング・語彙と文法の5科目です。教科書で習ったことを基本にTOPIK(韓国語能力試験)のような試験形式で出題されます。故に一部を除きほとんどが選択問題です。試験時間は1科目50分で行われスピーキングの試験は一人ずつ行われます。

 中級までは試験前にしっかり勉強すれば良い成績が取れましたが、高級になると教科書だけではなく幅広く問題が出題されるので直前の試験勉強だけではなく日々の勉強の積み重ねが必要になります。

 

・寮について

 私は留学中、大学の寮に住んでいました。寮は2人1部屋で私は日本人と同室でした。月曜日から木曜日までは、夜0時に点呼があります。その他にも門限などの規則が厳しく決められていることや、学期が変わるごとに部屋替えをしなければならず面倒な点も多かったですが、安全性が確保されていることと交換留学生は寮費が免除されるので経済的にはとても助かりました。冬場に室内の暖房がしっかり効いている点も良かったです。 ただし部屋替えの際、短期間だけ利用しなければいけない仮部屋は前の人が住んでいた部屋を掃除がされていないそのままで使わないといけないので前の住人によっては私物が残っていたり、ゴミがそのままだったり、少し汚れていたりと少し生理的に厳しかったです。

 寮では自炊が禁止されているのでお湯で調理できるカップラーメンくらいしか作れません。水とお湯は常に利用できます。寮には食堂と売店がありますが、食堂は食べられる時間が限定されており、売店は日曜や休暇中は営業日・営業時間が短くて不便です。

 

・留学先でのお金の払い方や日本からの送金方法・銀行利用法

 私は基本的に現地の大学から支給される奨学金とクレジットカードを併用していました。現金が不足したときにはキャッシュパスポートを使って現地のウォンを得ていました。キャッシュパスポートは日本で日本円を入金しておけば、韓国ではATMを使って韓国ウォンを現金で引き出せるというものです。銀行送金するよりも手数料が安いので良かったです。

 韓国で生活するなら、クレジットカードを持つべきだと思います。韓国はカード社会ですので、クレジットカードを使う機会が日本よりも増えます。また現金がなくなった時などもしもの時のために持っていた方がいいです。

 

・この留学を振り返って

 留学を始めた頃は1年間という留学期間がとても長く感じられて、留学を終えて帰国する日が本当に来るのだろうかとさえ思っていました。しかし実際は毎日が楽しく充実していたおかげで、時間の流れが本当に驚くほど早くてあっと言う間に帰国する日を迎えてしまいました。留学生活は時には悩んだりして辛い時もありましたが、友達やまわりの人たちに支えられて楽しく過ごすことができました。これからも連絡を取り合って出会いを大事にしたいと思っています。

  留学を経て、私の韓国語能力を向上させることができました。大学に入学した頃はハングル文字もわからなかった私ですが、留学を含む3年間で韓国で生活するのに困らない程度の韓国語能力を得られました。留学前は字幕有りで見ていた韓国ドラマも今では字幕無しで見られます。日本での生活では、大学の授業以外で韓国語を使える機会が全くとなかったので、毎日韓国語を勉強し、学んだことを実際の生活で使える留学生活は韓国語を勉強にするにはやはり最高に良い環境でした。そして韓国語中心に過ごせた留学生活は本当に有意義で貴重な時間だったと思います。

昼 夜