成均館大学留学帰国レポート

高麗大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成S.Y

語学堂での授業・プログラム

 私は1年間の留学期間中に2校の語学堂に通いました。

 後期はソウルにある高麗大学の語学堂を選びました。高麗大学語学堂の授業は1日4時間で午前授業、午後授業に分かれており、私は午後授業を受講していました。午後からの授業は主に韓国の大学や大学院に進学したい人が受講しており、授業時間内の前半が文法や会話、後半がメディアや討論などの大学や大学院で必要とされる授業が行われます。高麗大学の語学堂はクラスメートが様々な国から来た留学生が多いという印象です。試験は何回か週の初めにテストがあり、1学期中に中間、期末のテストがあります。また中間が終われば級ごとで行うことは違いますが、課外授業に行きました。高麗大学語学堂は韓国の学生を紹介してくれる制度があったり、サークル活動といったものもありました。

生活について

 留学の前半はソウルから1時間半ほど離れていたところにいたので、やはりソウルに来たことでソウル市内の観光地などに行く機会が多くなりました。韓国の交通機関の運賃はとにかく安いです。交通機関が安いので利用しながら色々な場所に気軽に行けました。地方にも数回行き、高速バスを利用しましたが2時間くらいの距離でも日本円で千円くらいと安いので地方に行ってみるのもいいと思いました。韓国の学校の周りは学生街なのでかなり賑わっています。そして食事が安くて美味しい場所が多いです。実際高麗大学の周りもかなり賑わっており、安くて美味しい飲食店が多かったです。また高麗大学の近くには他の有名大学などが密集していて敷地内は誰でも入れるので他大学に遊びに行ったりもしていました。他大学の近くもやはり学生街なので安くて美味しい場所が多かった印象です。

韓国留学を振り返って

 1年間の韓国留学を終えて本当に思うのは行って良かったということです。前期、後期違う学校で勉強しましたが、それぞれの学校で授業内容が全く違うのでより多くのことを学べたように思います。やはり1年間留学に行き、大きく変わったのが会話力だと思います。以前は韓国人の友達と会話してもついていけないことが多かったのですか現在は一緒になって会話しているのを考えると自分でも伸びたなと感じます。留学中、しんどいことや辛い事、日本が恋しくなることもありましたが、行って帰ってきた時の達成感や学んだことの多さを考えたら本当に行って良かったと思える1年であり留学に行った1年は今までの中で多くのことに挑戦できた1年間になり成長できたように思います。