中国人民大学留学帰国レポート

中国人民大学

レポート作成M.R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・授業

私の高級クラスは日本、韓国、タイ、ベトナム、ドイツ、ポーランド、チェコ、ジンバブエ、イタリア、ロシアなどいろんな国の学生がいました。授業は中国語で行われます。最初は全く聞き取れなくて苦労しましたが、3か月ほどでほとんど聞き取れるようになりました。先生によっても話すのが速かったり遅かったりとバラバラです。科目は総合、リスニング、作文、長文読解、スピーキングがあります。

語学授業は1日90分×2コマ

平日のうち4日間はこのように授業が2コマあります。また毎週1日だけ授業が1コマしかない日があります。朝の8時から授業がスタートなので大変ですが、日本人留学生は比較的真面目に時間通り来る学生が多いです。中には30分、40分遅刻してくる学生もいますが、そこは文化の違いでしょう。先生も大目に見てくださいます。また日本人は漢字を書く文化があるので作文の授業は楽ですが、他の国の学生は漢字1文字書くだけでも結構大変なようです。それに配慮してテストでは辞書持ち込みができる科目が多いです。

・授業以外の時間の使い方

私たち語学留学生は講義を受けなければ授業は午前で終了します。午後や休日は自分の好きなことをして過ごすことができます。ですが時間を無駄にしてはもったいないです。私はその自由な時間を使って毎週2回ほど、中国人の日本語学科の学生と一緒に勉強会をしていました。私が日本語を教え、相手が中国語を教えてくれます。私は特に発音とリスニングのトレーニングを手伝ってもらい、とても充実した時間でした。他にはクラスメートと北京市内を散策してみたり、授業の予習復習をしたり、買い物に行ったり、映画をみたりしました。

・渡航のときに持って行った方がいいもの

ほとんどの生活用品は現地で購入できます。私は北京があそこまで発展していると思っていなかったので、できるだけ生活用品も日本でそろえて持って行きましたが、実際北京で買った方が物価も安くお得だと思います。ですが薬や化粧水などのアメニティ類は日本から持ってきたものを使う方が無難でしょう。北京の場合、非常に乾燥していますので乾燥予防のクリームは多めに持って行った方がいいと思います。また家族の写真や、日本の文化を紹介できるものは話のネタにもなりますのでお勧めします。(私は浴衣を持って行き、いろんな国の友達に着せてあげました。)

・銀行利用方法

留学先でまず、オリエンテーション時に中国銀行の口座を作ります。そうしないと奨学金がもらえませんし、日本から持ってきたキャッシュカードが使えるATMは比較的少ないので不便でした。また節約を心掛けて生活していれば、奨学金だけで充分生活していけますので、旅行など、大金が必要な時以外は日本から持ってきたキャッシュカードは使いませんでした。気を付けなければいけないのは、古そうなATMを使うとたまにカードが呑み込まれて戻ってこないことがありますので、お金を引き出したいときは銀行の中のATMもしくはちゃんとしたお店に設置されているATMを使うのをお勧めします。

・留学中の旅行について

私は1年を通して多くの場所に旅行しました。その訪れた場所一つ一つがいい思い出です。時には困難にぶちあったって涙しましたが、感動で涙することもたくさんありました。旅行はできるだけ行くべきだと思います。話のネタにもなりますし、なにより自分が成長できます。中国の旅行は正直なところ危険がいっぱいですが、その分日本の治安のよさが身に染みてわかり、自立心も芽生えます。もともと日本では旅行なんてめったに行かない私でしたが、中国の旅行はなによりの楽しみでした。多くの現地の人々と交流できる、語学勉強にもなる、そこの文化に触れられるなど、危険ながらも、得るものは大きいです。私にとって中国の旅行は人生の中でも非常に貴重な経験だったと思います。

・後輩へのアドバイス

中国に留学をしたくても1歩踏み出せないという方、心配なことが沢山あるんだろうと思います。大気汚染や日中関係、衛生面など。私も実際留学に行く前は心配事だらけでした。親にも留学に行く前日までやっぱりやめてもいいねんでと言われ続けていました。ですが、本当に行ってよかったと思います。私は多くの人と出会い、自分を見直すことで価値観や考え方が変わりました。何事にも積極的に行動することができるようになりました。実は近年、中国に留学する日本人学生が減少しています。日中関係が問題視されている今、中国を知る若者が減っており、このままでは日中関係はより悪化するのではないかと懸念されています。私は一人でも多くの日本人学生に中国へ留学し、理解を深めてほしいと考えています。まずは知ってほしいのです。中国がどういうところなのか。もちろん私も嫌なことは何度もありましたし、中国人と喧嘩したこともあります。しかしそれでも中国はとてもおもしろい国です。中国人は日本のアニメや漫画が好きで、日本に留学する人はたくさんいます。中国人は少なからず日本に関心を示してくれています。日本人も知ってみようと行動してほしいです。そうして相互理解を深めることで、日中関係改善へ向かっていけたらなと思います。