延世大学留学帰国レポート

延世大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成F.N

 語学堂の授業プログラム・授業内容

私は2014年の9月から2015年の3月まで韓国の延世大学語学堂で半年間過ごしました。延世大学語学堂は、約140名の韓国語教師、毎学期約1700名の生徒がいる大きな韓国語教育機関です。韓国内で初めて創られた韓国語教育機関であり、その歴史も長く授業内容もとても緻密に作られており、先生方の教え方もすごく上手いです。平日9時から13時まで授業がありますが、ユーモアたっぷりですごく丁寧に先生が教えて下さるので、毎日楽しく授業を受けることが出来ました。半年間の留学では、秋学期・冬学期の二学期を受講しましたが、決して単調な授業ではなく、毎週、または隔週ごとに達成すべき明確な目標を提示されるので、目標に向かいだれずに勉強することができ、充実した半年間でした。教科書は、一学期に4冊使用します。基本的に新出文法・単語に力を入れた教育プログラムなので、毎日新出文法を二つ、新出単語は10個前後学びます。定期テストでは、これらがどれだけ頭に入っているかが確認されます。

 

語学堂の行事

語学堂では一学期に文化授業が一回、行事が一回あります。私は、二学期過ごしたので文化授業が二回、行事も二回体験しました。文化授業は、韓国料理体験とサムルノリ体験を、行事は、クラス対抗の歌大会と演劇大会を経験しました。料理体験は、日本でも有名な韓国料理であるチャプチェを作り、サムルノリ体験ではチャングという楽器を触り簡単なリズムですが実際に叩くことができ、貴重な体験になりました。行事は、授業後クラスメイトと残って練習し韓国語をより喋りクラスの仲も深まる良い機会になりました。演劇大会では、二位という賞も受けることが出来てとても素晴らしい思い出になりました。

 

留学をした感想

この韓国留学はいろいろなものを私に齎してくれました。私は留学で渡韓するまで韓国に来たことが一度もありませんでした。韓国とはどんな場所なのだろうか…自分は上手く留学生活が送れるのだろうか…不安なことが山積みでした。日に日に大きくなる不安を胸に持ち渡韓しましたが、そのような不安は毎日韓国で一つずつ新しいことを体験するにつれ解消されていきました。また、今まで感じたことがないことをたくさん感じたこの留学期間は、自己発見も多く自分でありながら新たな自分を知ることが出来たのもすごく新鮮な経験でした。国際文化学部に在籍し、コリア語を勉強する上で留学という体験はすごく為になりました。留学は、語学力向上はもとより異文化という特別な環境を肌で感じることが出来ます。現地の友人、様々な国から来た共に学ぶ他国の友人、辛いけど慣れれば美味しい韓国料理…上げればきりがないほど新しい出会いが留学には溢れています。もし、少しでも留学に興味があるのなら、一度検討してみることをお勧めします。

 

IMG_1825IMG_0622

PA110064061

049IMG_1585