延世大学留学帰国レポート

延世大学校【2015年度後期帰国】私費

レポート作成F.H

語学堂の授業・プログラム

私は2015年7月から2016年3月までの8ヶ月間を韓国の延世大学語学堂で過ごしました。延世大学語学堂は、1959年から続き毎学期、約60カ国から平均1600人以上の学生が在学しています。韓国語を教える語学堂の中でも大きな教育機関です。延世大学語学堂の授業では、文法と単語を徹底的に勉強します。そのため、延世大学語学堂に通う学生達は文法力と単語力が優れていると言われています。しかし、会話の時間は少ないので休み時間に友達と話したりして身につけた方がいいと思います。1日4時間ある授業のうち2時間は文法、1時間は読みや読解、残りのもう1時間はリスニングを中心に学習します。1クラスに対し文法の先生・読み読解の先生と授業によって違う先生が授業を進めていきます。文法担当と読み読解担当の2人の先生から教わることにより、効率の良い授業を受けることができます。教科書も授業の構成に合わせて文法用と読み読解用の2つに分かれているので、勉強しやすいです。

 

語学堂での行事

延世大学語学堂では1学期に1・2回、各級ごとに文化体験と級での行事が行われます。文化体験では韓国料理作り、サムルノリ体験、博物館見学などが、級行事ではスピーチ大会やのど自慢大会、演劇大会、座談会などが行われます。特に級の行事はクラスごとに力を合わせて準備をしなければいけないので、クラスメイトとの親交も深まり、仲良くなるいい機会です。

 

新村について

延世大学語学堂のある新村は梨花女子大学、西江大学などの有名大学が集まっていて、韓国随一の学生街として凄く賑わっています。地下鉄の新村駅から大学まで続く道は「延世路」といい、この道を中心とした両脇には数多くの居酒屋や焼肉屋、食堂、お店などが立ち並んでいます。その他、カラオケ屋やネットカフェなども多く、24時間営業のお店も多いため、新村の街は夜遅くまで学生達で賑わっています。

 

留学をした感想

延世大学語学堂で8ヶ月間勉強をしたのですが、運良く気の合う友達や先生に出会えて韓国での生活を楽しく過ごすことが出来ました。時には落ち込むようなこともありましたが、友達に助け励まされ韓国生活を無事終えることが出来ました。クラスメイトと遠出したり、鍋やピザパーティー、そしてお泊りをしたりしてお互いの文化を深く理解し、交流することが出来ました。文化の違いについて、知らないことが多く面白いなあと感じることも多くあり面白かったです。韓国に留学して、色んな国の友達ができ、他国についても興味を持つことが出来ました。これから学校の授業や韓国で出会った友達を通して他国についても、もっともっと勉強していきたいと思いました。

image