延世大学留学帰国レポート

延世大学校【2015年度後期帰国】私費

レポート作成I.S

延世大学・語学堂
私は、2年生の後期から3年生になるまでの半年間韓国の延世大学の語学堂に留学しました。延世大学は、韓国ではとても有名な大学で大学の敷地面積も大きく大学の中に車、バス、タクシーが通っていました。この延世大学の語学堂は、勉強している学生がとても多国籍でこれまでに約145ヶ国以上の学生が学んだそうです。また、学ぶ学生も多いので教える先生も多く150名以上の先生が在籍していて韓国の語学堂の中でも最大規模の語学堂です。語学堂では、毎日新しい文法や単語を習いその文法や単語を使って書く練習や話す練習をします。また、長い文章を読み、訳して理解するなど話すよりかは、読み書きを多く勉強しました。テストは、中間テストや期末テストだけでなく会話のテスト、発表をするなど韓国語の能力を試す機会がとても多いです。
私は、2級と3級を過ごしたのですが、2級では、クラス対抗の歌大会と韓国料理の文化体験をしたり、3級では、クラス対抗の演劇大会とサムルノリという太鼓の文化体験をしたりなど勉強のほかにもプログラムが組まれていました。また、申し込めば、ほかの料理体験、トウミ制度といった延世大学に通っている韓国人の学生と言語交換をすることができる機会もあります。このように勉強をしながらクラスの仲を深めることができ、なかなか体験することの出来ないことも体験することができました。

 

 

 

留学生活を終えて
私は、留学をすることができて本当に良かったと思いました。私は、韓国に留学する前、ハングルの読み書き程度の韓国語しかできなかったのですが、韓国に留学してできなかった頃に比べると韓国語が伸びたと感じました。これからも勉強を続けていきTOPICで高級を取れるようにしたいと思っていす。
留学をして、違う国の友達、現地の韓国人の友達、日本人の友達、など留学をしていなかったら出会うことができなかった友達もでき、有名な韓国名所を訪れたり韓国でしかない経験をしたり留学をしていた日々は、本当に楽しく毎日が新鮮でした。迷っていた将来についても留学を通じて道を固められることができました。留学をして心から本当に良かったと思います。最後に、私の留学生活を応援し、手助けしてくれた母に感謝したいです。