延世大学留学帰国レポート

延世大学校【2016年度前期帰国】私費

レポート作成M.S

 私は韓国、延世大学の語学堂に2016年3月から8月まで半年間留学をしました。延世大学は、韓国の名門大学であるため、韓国人からも人気高く、そして誇り高い学校であります。そのため、語学堂も、もちろん人気が高く、他の語学堂と比べレベルも1段階違います。語学堂の主な生徒たちは、中国人を中心にアジア地域の生徒が多いように思われました。

 授業は、月曜日〜金曜日の9:00〜13:00で1日4時間制です。延世大学は、他の大学と比べ文法に力を入れていることで有名です。語学堂の先生方は、とても熱心で毎日しっかり事細かくと教えてくれます。 また、授業の一環として、韓国語での歌発表会や、演劇大会、さらにはニュース発表など、クラスの人と協力してコミュニケーション力を活かす催しもあります。韓国の伝統音楽を学ぶ授業もあり、文化体験活動としてはとても良い経験になりました。

securedownload

 

『留学を振り返って…』

 語学堂では、毎日たくさんの単語や文法を学びますし、毎日課題も出されます。しかし、それらだけを淡々とこなすだけでは語学力はつきません。延世大学は文法に力を入れている事では有名ですが、会話の授業が少ないためか、会話力が弱い生徒が多いように感じられました。

 いくら文法や単語力があったとしても、会話する時に自然にそれらが出て来なければ意味がないと考えています。そこで、私は留学中に多くのネイティブの方達とお話をし、会話力を付けることに成功しました。

 皆さんが勘違いしがちな事が、留学をすれば必ず語学力が付くと思っていることです。実際にただ、留学をし語学堂に通っていたとしても語学力はつきません。学校で学んだ事達を、外で実践して体に覚えさせ、応用させることが重要なのです。 人生の中で留学という貴重な経験を、時間とお金を、無駄にせず、有意義なものにするかは 自分の行動力次第で変わってきます。


 これから留学に行かれる皆さんも、意味 のある、そして後悔 の無い 留学生活を送ってください!