延世大学留学帰国レポート

延世大学校【2016年度前期帰国】私費

レポート作成S.H

 私は2016年の春から半年間、延世大学の語学堂に留学しました。延世大学は韓国の名門大学であり、韓国人にとって憧れの大学です。また語学堂も有名であり、語学堂には多くの留学生が在籍しています。留学生は中国人をはじめ世界各国から韓国語を習いに来る外国人が多かったです。私が留学していた時は中国人が一番多かったですが、日本人も多かったという印象があります。
 語学堂の授業は午前と午後のクラスに分かれており、私は午前のクラスで学んでいました。午前のクラスは朝の9時から昼の1時までの授業で4時間制でした。1時間目は教科書を使って新しい単語を習い、2時間目は同じ教科書を使って新しい文法を習いました。3時間目はリーディングの教科書を使って読みの練習をしました。4時間目は1,2時間目に習った文法を練習しました。3級からの授業では週2回、3時間目の授業に選択授業が入りました。授業では教科書の本文に沿って単語や文法を習いますが、教科書には書いていない知識や単語なども先生から習うことができました。また授業の中には文化体験の授業や演劇の大会があり韓国の文化を知るだけでなく、同じクラスの留学生とも仲を深めることができ、良い経験になりました。image

 留学を振り返って
 私は留学をして努力をする大切さを改めて実感することができました。私は留学をする前韓国語ができませんでした。韓国語を読んで書くのが精一杯で会話なんて本当にできませんでした。留学をし始めた頃は自分の韓国語の実力に正直焦りしかなかったです。だから私は学校やカフェで勉強をして毎日韓国語を聞き、留学生や韓国人と話す努力をしました。これによって韓国語を上達させることができました。また現地に行って韓国語を学ぶことにより、日本にいた時より韓国語を身近に感じることができ、現地の生活環境や文化にも多く触れることができました。その他にも語学堂で学んだため様々な国の友達を作ることができました。そして私は留学を経験して、留学に求めていたもの以上の経験を得たと思います。それは留学生活の中で自分が努力した成果だと思います。
 これから留学へ行かれる皆さんも自分なりの努力をして後悔のない留学生活を楽しんできてください!