延世大学留学帰国レポート

韓国 延世大学 留学帰国レポート

レポート作成T.C

【延世大学 韓国語学堂】

私は韓国、ソウルにある延世大学の語学堂に半年間留学をしました。世界各国から韓国語を学びに生徒が集まっており、韓国にいながら中国、台湾、アメリカ、ヨーロッパの人達と共にグローバルな環境で学ぶことができ面白かったです。授業は9時から1時まであり、書き、読み、話し、聞き取りを毎日勉強します。級も1級から6級まであり最初に受けるクラス分けテストで自分のレベルに合ったクラスに分けられます。私は2級と3級を受講しましたが、自分の実力に合ったレベルで毎日楽しく勉強することができました。また延世には楽しい文化体験授業も多く、韓国料理作り体験や伝統楽器体験、カラオケ大会や演劇大会などクラス皆で行う行事がたくさんあります。クラスも1クラスに12~13人程なので本当に仲良くなれます。週末や行事や学期終わりにはよくクラス皆でご飯を食べに行ったりお酒を飲みに行ったりしました。日本に帰国してからも頻繁に連絡を取り合っています。韓国でできた友達はこれからもずっと付き合っていきたい大切な友達です。

【韓国での生活】

韓国での生活自体もまた楽しいものでした。日本との違いもちょくちょく見られましたが、その差もまた面白かったです。飲食店や服屋の店員が何か食べながらレジをしたり接客をしたり日本でそれをしたらダメなのでは、、、と思うことにも遭遇しましたが慣れると普通のことになってしまうものです。日本からの留学生だとわかると優しく助けてくれたりよくしてくれたりフレンドリーで温かい人達に恵まれていたと思います。

気候なども心配していたのですが今年に韓国は暖冬だったらしくマイナス2桁の寒さを感じる日はあまりありませんでした。食べ物も私は韓国料理が口に合い大好きだったので食事もおいしかったです。辛いものもどんどん食べれるようになりましたが、留学生ということで自炊をしなかったので野菜を食べる機会が少なく食生活は乱れていたと思います。

【留学を終えた感想】

私はもともと韓国が好きだったので何度か韓国に旅行でも来ていましたがいつも、もっと韓国で過ごせたらな、、、と思っていました。そんな韓国で半年も住みながら現地の学校に通えるということ自体が嬉しかったですし、毎日がわくわくしたものでした。韓国人の友達もできたので旅行では行ったことがなかった場所や食べたなかった食べ物、遊んだことなかった遊びなど、新しい体験もたくさんできました。

韓国での流行などリアルタイムで直接知ることができて面白かったし興味深いものでした。また私が留学にくる前からレポートに書いたりプレゼンをしたりしていた課題があったのですが、毎日を韓国本場で過ごすことにより、すべてを直接目で見て肌に触れ、感じることができました。この半年間は今まで過ごしてきた半年という期間の中で最も濃いものであり、最も思い出に残った半年間でもあります。日本に帰ってきて大学生活はあと2年間残っていますが、勉強も少し後にやってくる就職活動にこの留学経験を生かせるよう毎日過ごしたいと思いますし、韓国語の実力も形として残すために資格や能力試験に取り組む予定です。本当に毎日楽しくて幸せな留学生活でした。