マルタ大学留学帰国レポート

マルタ大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成I.Y

malta9

malta12

malta4 malta14

malta6

malta10

malta2malta13

malta11

malta5

私は約5か月間マルタ大学付属の語学学校に留学しました。目的としてはもちろん英語力の向上がありましたが、マルタに行く前は全く海外経験のなかった自分がいて、思い切り飛び込んでしまえばもっと視野を広げることができ、新しい考え方や感覚に出会えるのではないか、と思い留学経験を将来に何らかの形にして役立てたいというものでした。

まず私の英語力は大学受験の時から止まっており、決して英語が得意といえるものではありませんでした。ですから最初の3か月はコミュニケーションをうまくとることができずに苦しみました。どこかに一緒に出かけることはあっても、深い話には発展しなかったり、授業でも思い切って自分の考えを発信できず、本当にもどかしい気持ちでした。また、授業の時はもちろん、授業でないときも日本について質問をされることが多く、まずは渡航する前に日本について聞かれたときに答えられるように準備しておくべきだと感じました。特にマルタは宗教色がとても強い国なので、仏教や神道についても興味を示し、質問してくれたのにもかかわらず答えられなかったので、日本の宗教についても調べておくと仲良くなれる良いきっかけにつながると思いました。また、もちろん食や文化なども答えられるようにしておくべきだと思いました。

次に体調管理についてですが、マルタはとても乾燥しており、食文化も全く違うので私含め、周りの日本人も全員最初のうちは風邪をひいて長い間治らなかったので日本から薬を持っていくことをお勧めしたいです。

また勉強方法についてですが基本的にその日の授業の復習を家で、個人で勉強するときは学校内にある勉強スペースかホームステイ先の近くにあるカフェでしていました。しかしスピーキング向上が一番の目的だったのでできるだけ友達と出かけたり家でしゃべるように意識していました。その中で言えなかったフレーズや単語はスマホに書き溜めて置き、後で復習するなどし、英努力を高めていきました。すると4か月目くらいから聞き取りがぐんぐん伸びはじめ、それをきっかけにホストファミリーや友達と深い話もでき始め、やっと仲がいい友達といえる存在ができ、とても感動したのを覚えています。また自分がほかの留学生に英語を教えることも経験できるまでになりました。その友達とは今でも連絡をとりあっており、日本に会いに来てくれる友達もできました。

最後になりますがマルタはヨーロッパに位置しているため色々な国を格安で訪れることができます。いろんな世界を見て何かしらの影響を受けて帰ってきたいと思っていた私は渡航前にお金を貯め、途中にイタリア、フランス、ベルギー、イギリスに行きました。それらもまた1人でいった場所も多く、自分の人生に大変大きな影響を与えてくれたいい旅になりました。

今回の初めての留学は私を1まわりも2まわりも大きく成長させてくれました。日本に帰ってきて感じるのは、行動力がついたことと、いろんなことに興味を持ち、もっといろんなことを知っていきたいと思うようになったことです。この貴重な経験を生かし、知識をため、いろんな方向に役立てていきたいです。