龍谷大学 国際学部国際文化学科 長期私費留学帰国レポート > ヨーロッパエリア > リージェンツ大学 > リージェンツユニバーシティロンドン【2016年度後期帰国】私費

リージェンツ大学留学帰国レポート

リージェンツユニバーシティロンドン【2016年度後期帰国】私費

レポート作成H.A

ウエンブリースタジアム

留学準備は直前に始めましたが、直前に始めると要るものがなかったりして前日に買いに行くなどしてバタバタするので、かなり前から始めたほうが良いと思います。私はロンドンに留学してかなりの大都市で現地ではほしいものはほとんど手に入ったので特に持っていけばよかったというものはありませんが、強いて言うなら薬など日ごろ使っているものがあるのならそれを持って行ったほうがいいと思いました。治安は日本のように安全ではないと聞いていたので、向こうでお金の支払いはあまり現金を持ち歩かず、ほとんどクレジットカードで支払いしていました。全然危険な目には合わなかったので現金を持ち歩いてもそこまで危険ではないと思います。イギリスは雨が多いと聞いていたのですが、実際そんなことはなく、小雨は確かに多かったが傘なしでも耐えられるぐらいだったので日本にいたころより雨で困ることは少なかったように思います。私の通った大学は龍谷大学よりかなり小さかったが設備について困ることはなかったですがちょっと校舎が古くてたまに問題があったぐらいでした。ただ、やはり学食などのご飯がおいしくなくて、外食しても結構な値段がかかってしまうので苦労しました。ラーメン一杯食べるのでも1000円以上はしました。ヨーロッパへ安く行けるのでベルギーとスイスへ旅行しました。基本的にヨーロッパ諸国は外見が一緒であまり良さはわかりませんでした。外国人と仲良くでき、その国の文化や考え方などを学べたことが一番良かった。私の留学の目標は外国人の友達を多く作ってそこでしか体験できないことを経験することだったので目標を達成でき自分自身でも成長できたと思います。留学で一番辛かったのは寒さと飯のまずさです。留学してから時間についての考え方が適当になってしまい、遅刻が多くなってしまった。留学して、外国語の中で生活できたので母国語の国でできないことなんてあるのかという自信につながった。今回の留学では友達に会えないこともあり辛かった時もありましたが留学でしかできない経験ができ、語学力だけではなく人間的にも成長できたとおもいます。