サセックス大学留学帰国レポート

サセックス大学留学帰国レポート

レポート作成W.N

<受講科目と授業>

Intensive English (Autumn term)

Intensive English (Spring term)

Intensive English (Summer term)

(それぞれ一日にGrammar / Speaking、Project work、Additional classの三つのクラスあり)

 

午前に90分のクラスを2コマと午後に追加で120分のクラスを一コマとっていました。一クラスは7人から15人ぐらいと少人数でした。教科書だけを使う授業ではなく、イギリスの文化などを交えて英語を学んだり追加でためになるプリントを用意してくれたりと、とても刺激的な授業でした。午後のクラスは人数が5人ほどだったので先生との距離も近く、とても楽しい時間でした。留学期間が長くなるにつれクラスの難易度も上がっていき何度も壁にぶち当たり辛い思いもしましたが、そういった経験が成長に繋がっていったと思います。

 

<住居と生活>

住居の種類:ホームステイ

一ヶ月の生活費:宿泊費75000円

食費30000円

交通費4500円

雑費50000円(洋服代や旅行代など) 合計160000円

 

上記は1£=155円で計算。ロンドンなどよりは比較的物価が低いほうだと思いますが、やはり外食代や交通費が日本より高くつく印象でした。

イギリスにはパブの文化があるので毎週のようにパブに行っていました。

ホームステイの家族には本当に恵まれたと感じています。イギリスは日本と違って水道代が高く毎日お風呂にしっかり入るイギリス人は少ないと思うので、そういうことに関するルールを先に聞いておく方がいいと私もアドバイスを受けました。小さい子供がいる家庭にホームステイをする場合は積極的に子供たちの面倒を見ると喜ばれると思います。

私の住んでいるところはロンドンなどと比べて比較的治安がいいと思っていたのですが、私自身が深夜に一人でいたら露出狂に遭遇したり、友達と一緒にいたところをひったくりの集団に襲われたりしたので、深夜に自分ひとり、または女性だけで出歩かないことを気をつけたほうがいいと思います。

 

<留学を終えての感想>

 

留学してよかったと思えることはたくさんあります。いろいろな国に友達が出来、その国の文化や日本にいるだけでは絶対に知ることの出来なかった事などを知ることが出来て、毎日驚いてばかりでした。

ホームステイ先の家族は私のことを本当の家族のように接してくれて全ての行事に参加させてくれたおかげで、色々なイギリスの文化に触れることが出来ました。逆に、日本はなんて安全で便利な国なのだろうと改めて感じることも出来ました。

辛かったことといえばスリやひったくり・痴漢にあったことで、かばんに常に気をかけていなければいけなかったり、全ての人に警戒したりおびえたりして精神的な負担がありました。

やはり留学前から日本ほど安全な国はないというのは聞いていましたが、これほどまでに犯罪に巻き込まれるとは、自分の考えや行動の甘さを痛感しました。

パリなど特にいいイメージを持つ日本人が多いですが本当に治安が悪いしそういったところでのイメージとのギャップもありました。逆に、イギリス人は比較的お金のためにホームステイをする人が多くビジネスライクな関係になると聞いていたのですが、そういったことはなくとても楽しく過ごすことが出来たのでそれはいい意味で裏切られたという感じでした。

留学で得たことはとても多いと思っています。留学して一番感じたことが、留学してこれで終わりということではなく、この留学が自分にとって英語学習を始めるための大きな第一歩となったということです。スタートを切るいいチャンスをもらえたのだからこれからも引き続き留学で学んだことを生かして全てに繋げていきたいと思っています。

 

<後輩に伝えたいこと>

 

留学に行くと良いことも悪いことも学べることがたくさんあると思います。留学は今しかできません。このチャンスを逃さずに思い切って行動に移して欲しいです!