セントラル・ランカシャー大学留学帰国レポート

セントラル・ランカシャー大学【2015年度前期帰国】交換

レポート作成N.S

016 DSC01282

渡英前はパッキング、IELTSやTOEICなどの受験、VISA取得でバタバタの毎日でした。VISA取得についてはHPを見て翻訳し、全て自分でしなければいけなかったのでかなり時間を費やしました。特に悩んだことは持ち物についてでした。10ケ月分を持っていくとなると入りきらない量になるので、薬や化粧品以外は現地調達しました。質は日本に比べると劣りますが、問題なく生活できました。

 

現地の授業については、IELTS対策の授業になっており、英語を学ぶという授業でした。クラスメイトは日本人、中国人、アラブ人で構成されていました。テストはスピーキングや筆記試験、1000wordsのエッセイ、そしてプレゼンなどさまざまでした。アルバイトもないので、日本の大学生活に比べるとゆったりした日常を過ごせたように感じます。休日は買い物に行ったり、家でゆっくり過ごすことが多かったです。クリスマスやイースターなどの長期休暇には、ヨーロッパの国へ旅行に行きました。早めに航空券を予約すると格安でいけるため、おすすめです。イギリスにも世界遺産や素敵な観光地が多くあるので、暇なときは出かけるといいと思います。

 

 

そして日本に帰国して早2ヶ月もの月日が経ちました。多くの写真を見返すと、自分が訪れた地が遠くにあることが不思議に感じられます。残りの1年半の学生生活は、できるだけ多くのことにチャレンジにし、英語を使う機会を見つけられればなとおもいます。

 

資金面で支えてくれた両親、連絡をくれた友人、留学機会をくれた龍谷大学の皆様すべてに感謝しています。