東フィンランド大学留学帰国レポート

東フィンランド大学【2015年度前期帰国】交換

レポート作成T.S

 

某所。国土の半分は森と湖。

 

某所。二つの国に長い間占領されていた歴史があり、今でも徴兵制が残る。

 

某所。教育水準が非常に高く、10歳児が自分よりも上手に英語を話していた。

 

某所。公用語は猫の言葉。

 

某所。鼻毛や眉毛が凍る。

 

某所。図書館から出てきたら、空に極光が。

 

某所。食事はジャガイモ。毎日ジャガイモ。

 

某所。なんでカレーライス一杯が3000円もするねん!

 

某所。ディスカッションやプレゼンテーションを多用する参加型の授業を実施。

 

某所。パーティーに参加したって一人ぼっち。I wish I could speak English.

 

某所。暗闇の中で登下校。

 

某所。日本に一番近いヨーロッパとして有名。直行便もたくさん。

 

某所。「フィンランド人はシャイだから日本人と似てるよ。」と言われたが、彼らのシャイネスは日本人より深刻。

 

某所。カバに似た妖精を愛す。

 

某所。皆が平等に生活できる。

 

 

…そう、某所とは北欧フィンランドです。物価の高さを除けば治安も良くて生活しやすい国でした。フィンランドで過ごした九ヵ月間は、大変なことがほとんどでしたが、楽しいこともありました。留学を実りあるものにできるか否かは自分自身の行動と気持ち次第です。常に前向きに物事に取り組んでください。

 

夜の大学