ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2014年度前期帰国】

レポート作成M.H

まず僕がバンクーバーを選んだ理由は治安が良いということと、龍谷大学から過去行っていた人が多かったため情報も入りやすかったということ、そして移民が多いということでした。僕はもちろん英語を学びたいとも思っていたが、それ以上に移民が多くいろいろな文化が入り混じるバンクーバーに興味をもっていました。せっかくいくのだから、いろいろな文化、考えに触れたかったからです。

 

最初の2ヶ月はホームステイをして、後半の2か月はシェアハウスをしていた。最初は1ヶ月ホームステイをするつもりだったが、家族は優しく好感をもてたので延長しました。最初はわからないことも多いので慣れるまではホストファミリーに助けてもらいながらやった方がいいと思いますが、自立という意味でも一人暮らしや、シェアをおすすめします。友達とかとのネットワークを広げるためには一人暮らしをしたほうがたくさんの人と出会う機会を作りやすいと感じました。部屋を探すときはかなり大変でしたがそれも力になったと思います。

 

 

UBCは日本人学生も多いが学校では自国語は完全に禁止なので 問題ないと思いますが、日本人とまったく絡みたくない人にはおススメできないです。クラス分けやシステムもしっかりしている分授業料は高めだったように思えます。いろんな国の人たちがいて彼らと話したりすることが異文化を知る機会に繋がって本当に良い機会でした。留学へ行って英語を勉強すると言うのは当たり前のことだと思います。留学へ行く人やこれから行こうか悩んでいる人はそれとプラスαとして何か向こうで見つけることが充実した留学生活の一歩だと思います。僕はほんとにたくさんの大切な人に出会えました。留学生活は僕にとって大きな財産になったと自信を持っていえます。