ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成Y.M

 渡航してから感じた事は、もっと深く自国のことを学んでいくべきだったと感じました。やはり、他国の生徒に原発のことを聞かれることなど多かったのですが、ある程度は学んで知っていたつもりでしたが、日本で得られる情報と他国のニュースで報道されている内容は大きく異なっており、他国の日本に対する報道の仕方なども知り、本当の事は何なのかを日本人として知っているべきだったとすごく感じました。

 現地で携帯を購入したのですが、wi-fiを使うだけなら必要なかったと感じましたが、現地で携帯を持っていないのはほぼ日本人だけで、ホストファミリーからは連絡を取るために買ってほしいと頼まれました。また、旅行を予約する際などあらゆる場面で現地の電話番号がないといけない場面もありました。服などは現地でも買えるので必要最低限だけ持っていけばいいと思いました。スキンケアなどは海外のものは合わないことも多く、日本の商品を現地購入するとすごく高いので使っているものを多く持って行った方がいいと思います。PCは必ず必要になると感じました。授業内で持ってきてくれと言われることもありました。現地では基本的にクレジットカードやデビットカードで支払いました。VISAが使えないところも多くあった(スーパーやレストラン)ので、できたらVISAとMasterを一つずつもっていればいいと思います。

 バンクーバーは8月末に行った時から気温が低く、雨が多かったです。晴れているときは絶対に外に出て遊びに行くことをおすすめします。UBCはかなりダウンタウンから離れているので治安はすごくいいですが、その分夜になるとすごく暗くて人通りも少なくなります。大学自体がすごく大きくて校内になんでもあるので、便利だと思います。バンクーバーではすごくたくさんの国の料理を楽しむことが出来るので、毎日違った料理を食べることが出来てすごく楽しかったです。テスト後の休みにカナディアンロッキーに行きましたが、比較的安い値段で行くことが出来、日本では絶対に見ることが出来ない景色を見ることが出来たのでとてもお勧めします。バンクーバーからだと、アメリカの各地に激安で行くことが出来るので、その機会にアメリカに旅行することもいいと思います。

 留学して一番良かったと思うことは、様々な国の友達が出来、他国の文化を多く学べたことです。また、一番つらかったことも友達との文化の違いによる事でした。他国では常識であることが日本では非常識であったり、文化の違いだからと思って我慢するしかなかったです。(時間の考え方の違いなど)想像していたより、バンクーバーはアジア人がとても多く、町を歩いていても英語より中国語・タガログ語・韓国語が聞こえることが多かったです。UBCの現地の生徒と交流しても多くの生徒が自分と同じように初めは留学で着て、現地の大学に入学したという生徒が多かったです。

 留学を終えて、たった半年でしたが、まるで1,2年いたかと思うほど、たくさんのことを学ぶことができた留学だったと思います。その反面、半年でしたが、一カ月に感じるほど一瞬で過ぎました。ISISが世界的に大問題になっているなか、現地でイスラム教徒である友達がたくさんでき、彼らの苦しみ近くで見てきました。日本では出来ない経験をすることが出来、自分には何が出来るか。と多く考えました。留学を通して、他の文化をもっと思いやることを学んだと思います。これからは留学で得た英語力はもちろん、他の知識も生かせるように演習などを通して自分が学んできたことをより深く学び、国際問題にどのようにアプローチできるのかを研究などをしていきたいと思います。

 1554541_881272185290535_6734045186262741945_n 10649940_920452508039169_5941556418429654925_n 10987368_866323146785439_3046934380782687999_n 11222510_889079677843119_1564522323435154559_n 11781654_866323040118783_8730171324901088079_n 12187863_889080321176388_4837316771724952629_n 12644791_928042473946839_7042365542262691189_n