ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成K.Y

image1image3image4

[渡航前にしておいたほうが良いこと]

渡航前にしておけば良かったことは、単語をたくさん覚えていくことです。私は最初の頃中々伝えたいことを伝えられず、単語量が少ないことを痛感し苦労しました。日常会話をする際スピーキングに集中してしまうため、単語量を増やしておくことは非常に重要だと思います。そして自国についてもっと知っておくべきだと感じました。実際現地の人や他国の留学生とお互いの国について会話した際、政治に関して聞かれることが多かったように感じます。そのため今政治でとりあげられているもの、日本と留学先の関係くらいは少し知っておくと良いと思います。

[バンクーバーについて]

バンクーバーは都会と自然が融合した都市で、生活するにはとても良い環境でした。街の中心部には高層ビルやショッピングモールが立ち並び、休日は活気にあふれていました。そして中心部から少し歩くと緑にあふれる大きな公園があり、自転車を借りサイクリングを楽しむことが出来ます。そして、気候は想像していたより暖かく雪も降りませんでした。気温も日本とあまり変わりはなく、私自身体調を崩すことはありませんでした。しかしバンクーバーは雨が多いため、傘とレインブーツが欠かせません。これらは現地で買うことも出来ますが、自分に合ったサイズや気に入るデザインを探す際苦労するかもしれません。そのため荷物にならなければ持っていくと良いと思います。治安については基本的に良く安全だと感じました。しかし、ダウンタウンにはホームレスの人が目立ち、時にお金をくれ等話しかけてくる場合があります。特にチャイナタウンは昼間でも気をつける必要がある地域だと思います。

[ホームステイ]

私はカナダでの生活はホームステイをしていました。ホームステイのファミリーはフィリピン出身だったのでアジア食が基本でした。そのためお米が中心でしたが、日本で食べたことのない料理が多く新鮮でよく会話の話題にもなりました。私のホームステイ先では夕食はほとんど毎日みんな揃って食べていましたが、カナダでは家族みんなが揃って食事をする家庭は少ないと聞いていたため本当に恵まれていたと感じました。

[留学を終えて]

留学を終えて、本当に良い経験が出来て良かったと感じました。現地で様々な国の人と交流したくさんの友達が出来ました。英語で話しかけ仲良くなるのは大変ですが、皆親切で気さくないい人ばかりでした。そして語学だけでなく彼らの国の文化や考え方について知ることが出来、世界を広い視野で見ることができるようになったと思います。これからはこの留学で得た経験や学んだ英語を使う機会を積極的に作っていきたいと思います。