ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2016年度後期帰国】私費

レポート作成K.Y

IMG_4361 IMG_8702 IMG_7984 IMG_7566 IMG_8578 IMG_3624 IMG_9161
 留学をする前に、私はそれなりに勉強をしたつもりであったが、まだまだ足りなかったと感じた。周りはみんなレベルが高く、最初はついていくので精一杯であった。しかし、徐々にホストファミリーとの会話が長くなり、授業も苦でなくなっていくのが自分でも分かり、確実に英語力が身についてきていることを感じた。私は、カナダのバンクーバーというカナダで三番目に大きい都市であったので、生活に不自由することはなく、とても快適に過ごせた。必要なものはほとんどそろっており、日本の100円ショップや、日本の食品スーパーなども数多くあった。カナダは寒いというイメージがあるが、バンクーバーは西海岸の下の方なので、気候は日本と似ていて、最低でもー8度と比較的あまり寒くない。ただ、レインクーバーと呼ばれているだけあって、雨の日がとても多く、雪もそれなりに降った。食事は、日本のレストランもたくさんある。居酒屋やラーメン屋さん、お寿司屋さんもある。そのため、日本食を恋しく感じたことはあまりない。その他にも、韓国料理屋さんや、バーガーショップなど、食に関しても何不自由なく暮らせる。治安もとても良く、治安面が不安な人にはおすすめである。夜一人でバスにのるのも何も問題はない。しかし、ダウンタウンにはホームレスが多く、お金をせがまれることもある。ホームレスだけには気をつけた方が良い。カナダは多民族国家であるため、様々な国の人々が暮らしている。実際、私のホストファミリーもフィリピン人であった。しかし、日本は多民族国家ではないため、日本ではあまり見ない光景を見ることができるので、新鮮でおもしろい。緑とビルと海が共存しているバンクーバー、空気がとてもきれいで、留学先にはとても適した場所であると感じた。留学は人を変えるというが、それはほんとうである。私自身、留学をした7か月間で考え方が大きく変わった。留学をして気づけたこと、出会えた人は山ほどある。人生で一番濃い時間を過ごすことができ、一生の思い出を作ることができる。英語はもちろんだが、英語以上のものを学ぶこともできる。留学をしようか悩んでいる人には、強くおすすめする。留学を終えた今、留学をして良かったと心の底から感じている。