ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2017年度後期帰国】私費

レポート作成U.R

留学を終えて渡航前にしておいたほうがいいと思ったことは、単語の勉強であると強く感じました。人に伝えたいことがあったときに、肝心の単語が思い出せなくて悔しい思いをすることが度々あったからです。

留学先でのお金の払い方は基本的にカード払いでした。わたしは留学中VISAデビットカードを使用していて、何かあった時のために口座には余分にお金を入れておきました。また、銀行へ行くとそのデビットカードを使って現金を引き落とすことができるので、現金しか使えないお店を利用時のためにも、常に財布には現金を持っていました。

私が留学したカナダのバンクーバーは、ほかのカナダの地域よりは過ごしやすい気候ではありましたが、大体10月末くらいから春までは雨季となっているので、晴れの日が少なく傘が必需品となってきます。雨が降ると体感気温も寒く感じるため、防寒着が必要となってきます。わたしは、日本から防寒具を持って行っていたので良かったのですが、友人の中には事前に下調べをしていなくて、現地で全て揃えて多大な出費をしていた人もいたので、余計な出費をしたくないと思っている人は、日本から持参したほうが良いと思いました。次にバンクーバーの治安ですが、バンクーバーは非常に住みやすく安全な場所であるとよく考えられますが、チャイナタウンなどの場所ではマリファナをしている人や、ホームレスが通常よりも多いので、そういった場所には気を付けて歩いていたら、安全に過ごせると思います。次に私が通っていたブリティッシュコロンビア大学についてですが、美術館や日本庭園などの観光施設が設置されているなどと、とても素敵な場所でした。私が授業を受けていた建物であるELIビルの近くにはブックストアがあり、教科書や文房具などの必需品、学校のグッズまで、そこで購入しました。

次に食事についてですが、朝ごはんはホストファミリーが用意してくれている食パンを基本的に食べていましたが、気分を変えたいときには、日本から持ってきていた味噌汁や、はるさめスープなどのインスタントスープを飲んでいました。ランチは前日のディナーをホストファミリーがランチボックスに詰めてくれていて、それをランチタイムにレンジを使って温めて食べていました。ホストファミリーが中国人の方だったので、ディナーは基本的に中華でした。特にファザーが元シェフだったこともあり、毎日とても美味しくバランスの取れた食事でした。バンクーバーは多国籍国家ということもあり、多国籍レストランも充実していました。他国の料理が食べたくなった時には、ダウンタウンに行けば食べることができるので、月に2,3回ほど外食をしていました。

また、留学中は2回アメリカへ旅行しました。1回目はカリフォルニアに行きました。友人がカリフォルニアに住んでいるので、ありがたいことに、友人宅へ泊まらせてもらえることになり、飛行機だけ自分で取って行きました。2回目は陸路で列車を使って、日帰りでシアトルへ行きました。シアトルはバンクーバーから近いため、バンクーバーへ留学した際には絶対行きたいと思っていたので、行くことができてよかったと思います。カナダからアメリカへ行くのは不安でいっぱいでしたが、行ってみるとホントに行って良かったと思います。

留学中一番辛かったことや悲しかったことは、留学前に日本人とは必要最低限関わらないという目標を持っていても、英語がうまく話せない自分に対して不安になったときや、なにか悩みがあったときに、どうしても日本人と関わってしまうことでした。しかし、カナダで出来た日本人の友人たちは、かけがえとないものとなったので、それはそれでよかったと考えています。

留学を通して、英語力だけではなく自分自身が成長できたと思います。すべてのことを自分でやらなければいけないし、学校で勉強するにあたっても積極性がないと、自分の英語力は伸びないので、「責任感」や「自発性」などが以前よりも培われたと考えられます。4ヵ月という決して長くはない期間ですが、なにもかもが自分にとって貴重な経験となったので、この経験を通して、龍谷大学でも勉学に励み、TOEICやTOEFLなどの検定でハイスコアを出すということから挑戦していきたいと考えます。

バンクーバーにある遊園地バンクーバーにあるテーマパーク

カナダ150周年のオブジェ

ナイトマーケットナイトマーケット

展望台から見たバンクーバーの景色展望台から見たバンクーバー