ブリティッシュコロンビア大学留学帰国レポート

ブリティッシュコロンビア大学【2019年度前期帰国】私費

レポート作成K.R

IMG_1317 IMG_5628 IMG_5770

 

私はカナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学に半年間留学していました。この半年間は私にとって一生忘れられない大切な時間となりました。

 

私が通っていたブリティッシュコロンビア大学は日本でも有名で、日本の多くの大学が提携しており、日本人留学生が多く見られる学校でした。日本の大学から団体で来ている学生はすでに友達同士で私は最初その中で馴染むことができず、友達もできませんでした。そのため学校を変えようと考えていました。

 

しかし1人の韓国人女の子が私に話しかけてくれたことをきっかけに私の留学生活が変わりました。その子のおかげで友達も増え、日本人の友達だけでなく、たくさんの外国人友達を作ることができました。放課後、毎週週末は遊びに出かけ、長期休みにはビクトリアやロッキーマウンテンに旅行に行くほどの仲になり、バンクーバーで出会うよりも前からの友達のようでした。

 

私が留学に行く前から目標としていたことは”最初から最後まで楽しむ!!!”でした。私にとって今回のバンクーバー留学は2回目で一回生の夏休みに短期留学でバンクーバーに行きました。その時は初めて海外での生活、ホストファミリーとは合わず、ホームシックになり、毎日泣いてばかりの生活で最初から”帰りたい”の言葉だらけで楽しむことができませんでした。しかし学校の友達や現地の人の優しさのおかげで帰国する最終の週から、”帰りたくない”に変わっていました。

 

そしてその頃から2回目の留学を考え始め、私は次の留学では”最初から最後まで楽しむ!!”英語力を上げる、上げないを気にせず、楽しむことにしました。この目標のおかげで、英語力も自然とUPしていきました。無理に英語力のことだけを考え、上げようとすると私はプレッシャーを感じてしまい、最初はなかなか英語を話すことができなかったですが、普通の生活を楽しんでいるだけで自然と英語も身につき、特に発音が良くなり、たまたまバスの座席隣にいたフィリピン人の女性と話す機会があり、その際”現地の学生かと思ったくらい発音が良い!!”と褒めてもらいました。自分では英語力の伸びをなかなか感じることができませんでしたが周りの人達から褒めてもらうことで英語力が上がったんだなと実感することができました。

 

この留学のおかげで英語力のUPはもちろん、友達やホストファミリーとの出会い、そして何より自分自身の成長を感じることができ、本当に留学をして良かったと思いました。今までとても消極的で人に流される性格を持っていた私から、今では自分の意思を持ち、積極的に行動するようになりました。これは海外の生活を経験し、自分に自信を持てたからだと思います。これからもたくさんの人との出会いを大切にし、この留学で得た積極性を活かして、将来の夢である客室乗務員を目指して頑張りたいです。