カリフォルニア大学 アーバイン校留学帰国レポート

カリフォルニア大学アーバイン校【2014年度後期帰国】私費

レポート作成O.S

私がなぜこの学校を選んだかというと単純にほかの学校より留学費用が安かったのと、アーバイン周辺は治安が良いと聞いたからです。実際に夜遅くに1人で自転車に乗っていても問題ありませんでした。

〈学校について〉

授業は朝から始まるコースと昼から始まるコースがあります。セメスターごとにどちらか希望するのですが、朝からのコースが人気なので朝からのコースを希望したとしても希望通りにあるとはかがりません1セメスターは10週です。セメスターの間に1か月の冬休みがありました。授業はどちらのコースも基本的に下記の通りです。希望すればTOEFL対策の授業も受講できます。

100分のgrammar&writingが週5回

100分のspeaking&listeningが週4回

50分のreading&vocabularyが週5回

授業は20人以下の少人数クラスで行われます。この学校はとある東京の大学から日本人を毎年受け入れているらしく日本人は多いです。あとは中東の国々から来た生徒がたくさんいます。その他にも中国、台湾、韓国、イタリア、チリ、ブラジルからの生徒もいました。学校の周りには多くのレストランがあります。また映画館やスポーツジムもあり過ごしやすいと思います。また学校がサッカーの試合、旅行、バスケットボールの試合観戦、などの様々なアクティビティを用意してくれているので充実した学校生活が送れると思います。

 

〈現地での生活について〉

アーバイン周辺にはバスが通っているのですが45分に1本であるのに加え、時間が正確ではありません。僕は不便だと思ったので自転車を買いました。広い校内をスケートボードで移動している人も見ました。また多くの学生が車で通学していました。僕は90ドルの自転車を買ったのですが修理に200ドル近くかかったので、自転車を買うならある程度の値段のするものを買ったほうが良いです。現地には日系のスーパーもあるし、多くの日本食レストランもあるので食事についての心配はいらないです。ユニバーサルスタジオやディズニーランドやロサンゼルスなどの観光地も車で1時間程度で行けます。

 

〈感想〉

今1番思っていることは留学する前にもっと英語の勉強をすべきだったということです。自分が思っていることを伝えられないのは辛いし、英語ができるほど自分ができることが広がると思います。また日本についてもっと知らなければならないと思いました。最後にアメリカで会った、友達、ホストファミリーとまた会いたいと思っているし、この留学を無駄にしたくないので英語の勉強を続けていこうと思います。