カリフォルニア大学 アーバイン校留学帰国レポート

カリフォルニア大学アーバイン校【2015年度前期帰国】私費

レポート作成F.Y

アメリカのカリフォルニアのアーバインに半年間留学していました。私がここを選んだ理由は単純に治安も良く気候も良く安心して暮らせると思ったからです。実際アーバインは本当に静かな所で、夜中一人で歩いていても危険を感じたことはありませんでした。またアジア系スーパーやレストランも至る所にあるので日本のものもすぐ手に入ります。街並みも整備されていて綺麗な公園もたくさんあり、気候もカラッとしていて毎日晴れでとても住みやすかったです。ただ、移動に関しては車を持っていないとかなり不便です。

 

学校はカリフォルニア大学アーバイン校に通っていました。私は普通に英語だけを学ぶプログラムをとっていたのですが、他にもビジネス、ホテル、英語教授法が学べるプログラムがあってそちらもおもしろそうでした。1クラス15人程度でレベルは7つに分かれていて、授業は午前か午後で好きな方を選べます。時期によっても違うと思いますが、私の行った時期では中東・アジア・ブラジルからの留学生がほとんどでした。夏休み期間はバスの中が8割日本人というぐらい日本人だらけで驚きました。なにはともあれ私はこの学校を選んで本当によかったと思っています。なにより先生たちがとても熱心で、みんなが理解するまで丁寧に教えてくださり、授業にとても意欲的に望むことが出来ました。アクティビティも充実しているので友達もすぐに出来ます。

 

住居はずっとホームステイでした。ホストマザー1人と私を含め5人の留学生が住んでいました。日本2人、中国1人、サウジアラビア2人です。最初は多すぎて嫌だなと思っていたのですが、文化や宗教が違う人たちと一緒に暮らすのは刺激的で楽しく、今となってはあのホームステイ先でよかったなと思っています。あと、もし寮に住むなら学校を通して契約しないほうがいいかもしれません。私の友人が学校を介したせいで毎月$300も損していたので。

 

留学前は、半年間も向こうでやっていけるんだろうかと不安だったのですが、実際半年なんてほんの一瞬で過ぎてしまって足りないくらいでした。留学をして一番良かったことは、たくさんの素敵な人たちに出会えたことです。自分とは違う国の人はもちろん、日本人も含めて、文化や年齢、宗教、背景、目的がそれぞれ違う人たちと関わることによって今まで自分が知らなかったことや今まで自分が持たなかった考え方を知ることができました。人と関われば関わるほど自分の世界が広がっていくことが楽しくて、人との繋がりをもっと大事にしていこうと思いました。英語は日本でも学べるけれど、日本とは違う国に出てみることで初めて見えてくることもあるし英語だけでなくたくさんのことが学べるので、お金はかかってしまいますが、それでも留学に行く価値は十分にあるとおもいます。