カリフォルニア大学 アーバイン校留学帰国レポート

カリフォルニア大学アーバイン校【2015年度後期帰国】私費

レポート作成S.A

留学先を選んだ理由
私が半年間留学したアーバインは、アメリカのカリフォルニア州にある都市で平和な都市として有名です。長期の留学だったので、治安の面で安心できると思い、アーバインを選びました。実際に行ってみても、とても穏やかで安全な町でしたが、交通の面では少し不便でした。

滞在方法
6か月間ホームステイをしました。ホストファミリーはベトナム人でした。とても親切にしてくれたおかげで、特に困ったこともなく生活できましたが、ホームステイ先の留学生への対応は、家庭によってそれぞれだと思います。

学校
カリフォルニア大学アーバインのなかにあるESLのコースで勉強をしました。初めにテストをして、その結果に応じて1から7まででレベル分けされます。レベル6か7に入ると、グラマーのクラスがなく、代わりにAdvanced Conversation、Advanced Pronunciation、またTOEFLやIELTS対策などの授業のなかから一つ選ぶことができます。
授業以外では、サンフランシスコやラスベガスへの旅行などの大きなものから、ボランティア活動やスポーツまで様々なアクティビティーが用意されているので、自由な時間も楽しむことができました。ただ、そういったアクティビティーに参加している留学生のほとんどが日本人だということはしょっちゅうあったので、そこは少し残念だなと思いました。ほかにも、コミュニケーションクラブというものがあり、それに申し込むと現地の学生とカンバセーションパートナーとして知り合うことができ、文化や語学の勉強に役立つと思います。そのなかには、日本に興味のある学生もいました。

留学に行く前にしておくべきこと
私が留学に行く前にしておくべきだと思うことは主に3つあります。1つ目は、準備の段階での話ですが、早めに学校や滞在先探しなどを含む、留学準備をしておくべきだと思います。私が留学準備を始めたのは出発の4か月前からでしたが、ビザ申請や予防接種などに思ったよりも時間がかかったので、直前でバタバタしないように、はやめに準備を始めて損はないと思います。2つ目は、よく聞くことかもしれませんが、英語の勉強です。もちろん、留学に行くことで、語学力が伸びる人がほとんどだと思いますが、スタート地点が高ければ高いほど、到達地点も高くなります。限られた留学期間を無駄にしないように、留学に行ってから勉強を頑張るのではなく、日本にいるうちからできる勉強はしておくべきだと思います。3つ目は、日本のことをある程度知っておくべきだと思います。授業のディスカッションの中で、自分の国について話すこともよくありましたが、はっきりとはわからず、説明できないことがよくありました。ディスカッションにアクティブに参加するためにも、日本のことについても勉強は必要だと思いました。

留学に行って
留学に行って初めのほうは、授業内容が難しくて大変なことや、自信を無くすこともよくありました。特に、リスニングが難しくて、テストの点に納得のいかないことばかりでしたが、そこで諦めたくなかったし、なによりも悔しかったので、自主学習を積み重ねてリスニング力の向上に努めました。また、もともとプレゼンテーションやスピーチが苦手でしたが、何度も繰り返すことで、慣れていき、最後のほうには苦手を克服し、好きではなかったスピーキング課題を好きになっていました。この経験を通して、苦手なことや難しいことでも、諦めなければ、できるようになるということを実感し、それは自分の自信になりました。また、今までは何か新しいことに挑戦するとなっても、失敗を恐れてためらっていましたが、今は何事もやってみなければわからないし、挑戦しようと思える勇気を持てるようになりました。この留学を通して、英語力が向上したのはもちろんですが、自信や勇気も身につきました。今は、まだ将来やりたいことは決まっていませんが、この経験で得たものを無駄にしないように、これからもいろいろなことに挑戦して、自分のやりたいことを見つけようと思っています。