カリフォルニア州立大学イーストベイ校留学帰国レポート

カリフォルニア州立大学イーストベイ校

レポート作成O.Y

<受講科目と授業>

1.Writing

2.Reading

3.Speaking

4.Elective class

全てのクラスは20人程度の少人数のクラスです。ただし、選択授業は人気や難度が授業毎に異なるため10人程度になるクラスもありましたが、どのクラスも20人程度より多くなることはなく、発言もしやすく、質問があれば先生が丁寧に教えてくれます。

4以外のクラスは学力別に6つのクラスが分かれていて最初は新入生全員がテストを受けその結果でクラスを分けます。

次の学期からは単位を落とさなければ自動的に1つ上のクラスにあがりますし、英語力があると先生に判断されれば飛び級で上のクラスまで行くこともあります。

<住居と生活>

・大学内にある寮

・生活費(1学期、10週間)学費・・・3000ドル

寮費(1学期)・・・3500ドル

雑費(1か月)・・・200ドル

寮費にはMeal Planというものが含まれています。

Meal planに入ると学食で週に数回無料で食事をすることができ、学内のコンビニや飲食店で使える電子マネーを学生証に入れてもらえます。

多くの学生が学食週7回、電子マネー1学期250ドル分使えるプランを選んでいました。

Meal planがあるので食費にお金をかけたくなければ工夫をすれば食費はほとんどかからないと思いますが、学食の料理は当たり外れが多く、油も多いので、毎日行く気にはならないと思います。

寮は2人で1つの部屋を使いました。大きい部屋に2人1組の部屋が4つあったので、トイレ、風呂、キッチン、リビングは8人で使いました。

私のルームメイトはインターナショナルスクールに通っていた人だったので毎日睡眠時以外は英語に触れることができました。

それが英語の上達の助けになった大きな要因だと思います。

<留学を終えての感想>

初めて海外に長期間滞在しましたが、元から海外に行くことが好きで旅行をしていたので、これからやっていけるのだろうかという不安はありませんでしたが、初めての英語圏への滞在だったので最初は言っていることが早口だったので理解するのが難しく、自分の英語力に対する不安はとても感じました。

しかし英語に慣れてからは自分からコミュニケーションを取り、多くの国の人と関わることができ、いろいろな文化を体験できたことは私の留学の1つの目標でもあったし、充実していました。

<後輩へのアドバイス>

私が1番留学に関して後悔しているのは留学前に単語力をつけておかなかったことです。

高校受験のときに必死で単語を覚えましたが、大学進学後は自分の必要なとき、必要な単語しか使っていませんでした。

その結果、留学の最初は聞いたことがあるけどわからない単語が多かったからです。

難しい単語は現地で覚えればいいですが、大学受験時に覚えた2000~3000単語はすぐに思い出せるようにしておかないとせっかく留学に来たのに最初の1、2ヶ月は高校のときの復習をしている気がして大事な留学のチャンスを無駄にしているなと感じました。

重要なのは留学前の数ヶ月間をどのように過ごすべきかということだと思います。

私がそうだったように実際に留学に行ってしまえばすぐに新しい友達ができるし、助けが必要なときはいろいろな方が助けてくれるのでなんとかなります。