マウントロイヤル大学留学帰国レポート

マウントロイヤル大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成H.A

『留学前に準備しておくといいこと』

私が留学前に準備しておいて良かったと思うことはクレジットカードを作っていったことです。私はクレジットカードを念のため二つ作っていきました。そのうちの一つ Money T Global というカードはとても重宝しました。このカードは日本で振り込んだお金がATMなどで現金としてひきだせるので旅行で他の国にいったときでも大変便利でした。

 

『カルガリー』

カルガリーは中規模な街で都会すぎず田舎すぎずだったので比較的ストレスなど感じずに過ごせました。ダウンタウンには日本食屋さんがあったので日本食が食べたくなったときはよく通っていました。なのであまり日本に帰りたいと思うことはなかったです。私は9月から4月まで留学していました。9月のカルガリーの気温はとてもすごしやすく日本でいうと春ぐらいの気温でした。11月くらいになるとだんだん寒くなってきて最低気温が-20°ぐらいになりました。カルガリーの冬は日本の冬とはまた違っていて-20°といっても外に出れないほどの寒さではないのであまり嫌だとは思いませんでした。またカルガリーの天気は毎日ほとんど晴れなので雨が嫌いな人にはとっておきの場所だとおもいます。

 

『マウントロイヤル大学』

私が半年間通っていたマウントロイヤル大学は比較的多国籍な大学でした。授業の初日にはクラス分けテストがあり、リーディング、リスニング、ライティングそしてスピーキングと全部で3時間ほどあります。クラスは基本コミュニケーションのコースと文法中心のコースに分かれていてどちらに進むか自分で決めることができます。なので自分の弱点を強化できることができます。テストは中間と期末があり期末のテストは難しくなるので中間で良い点数をとっていたとしても期末で落ちてしまうことがあり、上のクラスになればなるほど難しくなるので要注意です。

 

『留学生活を振り返って』

半年間の留学は私の大学生活に大きな影響を与えたことは間違いありません。留学を通して出会った人達、学んだ文化は私の考え方を変え,視野をひろげました。留学に行かなかったら考えもしなかったこと、知らないままだったことがあると思うと留学に行くと思いきって決めて本当に良かったと思いました。

EAP1