マウントロイヤル大学留学帰国レポート

マウントロイヤル大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成K.R

私は10か月ほどカルガリーにあるマウントロイヤル大学に留学しました。カルガリーという地はバンクーバーやトロントのような大都市に比べると、東アジア人の人口は少なかったです。冬は非常に寒く、鼻呼吸をすれば鼻毛が凍りつくほどで、バス停でバスを待つ短い時間でさえ、耐えるので必死でした。それに対して、夏は本当に過ごしやすい温度で、日本と違って、蒸し暑くなく、カラッとした気持ちの良い気候でした。また、夏は日が長く、夜の10時でも明るかったです。治安も日本ほど良くはないものの、一人で夜遅く歩いてもあまり危険ではありませんでした。カルガリーの人々は現在不況にもかかわらず、とても明るく、陽気で、短い間その地で過ごしている私も明るい性格になった気がしました。カルガリー周辺にはカナディアンロッキーも連なっており、日本では体験することができない大自然を満喫できました。ESLの生徒は国籍比率がよく、さまざまな国の人々と関わることができ、仲良くなることができました。しかし、我々と同世代の若い生徒は少なく、多くの生徒は働きながら学校に通っていました。良く言えばそのおかげで、人生経験の濃い多種多様な考え方を知ることができました。

20170528_221704[404] 20170113_081509[402] 20170606_094504[403] 20170308_133327[199]