マウントロイヤル大学留学帰国レポート

マウントロイヤル大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成S.H

私は4月~8月までの4ヶ月間カナダのカルガリーにあるマウントロイヤル大学に留学していました。治安は想像していたよりも良く、4月であったためそこまで寒くなく過ごしやすい気候でした。私は、はじめの3ヶ月間はESLのクラスで勉強しました。このクラスは約20名のクラスで、主に文法を勉強しました。その他にもスピーキングやライティング、リスニングなどの授業もあったため、幅広く勉強出来たと思います。最後の1ヶ月間は、サマープログラムというプログラムに参加しました。週替わりで先生とクラスのメンバーが替わっていくため、たくさんの人と友達になれました。また、このプログラムはディスカッションが中心であったため、この一ヶ月間でスピーキング力を向上させることが出来たと感じました。そし手何よりも、授業後や週末にカルガリーも観光地や人気スポットへ皆で一緒に行くアクティビティが含まれており、カルガリーの良さを知れるとともに新しく出来た友達との仲を深めるのに最高の機会でした。このプログラムは、4月~6月のESLのクラスよりも年齢層が低かったため年齢の近い友人と、授業後に遊びに行けるのが嬉しかったです。毎週水曜日には二本のことが好きな外国の方が集まるサークルがあったので、そこに参加していました。日本について話したり、他の国について教えてもらったりと本当に刺激を受けるのが多い場でした。日本について質問されても正確に答えることが出来ないこともあったので、きちんと日本についての知識をつけておけば良かったと思いました。そして、毎週日曜日の朝には協会に行きました。ここの協会には、現地に住んでおられる日本人も多く来ておられました。英語を通して宗教に触れるのは初めてだったので新鮮な経験だったと思います。そして何より私にとって大きな存在だたのは、ホストファミリーの存在です。マザーもファザーも我が子のように可愛がってくれて、感謝しています。夕ご飯が終わり寝るまでの一緒に過ごす時間は英語の勉強にもなるし、楽しくて本当に大好きでした。今回の留学では、自分が想像していたよりも、毎日刺激を受けることが多くありました。今まで聞いたことのない国の人と友達になることが出来、新しい文化を知り、いろいろな国の料理を食べ、多くの言語を耳にしたり、なにより『英語』に対して一生懸命になれました。大変なことも多く、悩むこともありましたが、この留学を通して少しは成長できたのではないかと思います。

 

 

securedownload しゃしん2