マウントロイヤル大学留学帰国レポート

マウントロイヤル大学【2017年度後期帰国】私費

レポート作成M.M

≪留学を終えて≫

  私は4月から1月の頭までの約9ヶ月の間カナダのカルガリーに留学していました。9ヶ月の間に何がどう成長できたとか、自分がどう変わったとか、私には自信を持って具体的に言えることはありません。ただ、この9ヶ月は他の誰よりとは言えませんが、自分なりには頑張ったと言えるし、自分なりに楽しめたということは確かに言えることかなと思います。小さなことから外国に憧れがあって、留学に行くのが夢でした。しかし、おそらく私は他の人に比べて留学前にカナダに行きたくない行きたくないとずっと思っていて、希望なんてほぼなく、不安と絶望を持って日本を出て、はじめの1週間はホームシックでとても辛かったのを覚えています。ひとりで新しい風景、新しいもの、違う文化に触れることはとても楽しかったですが、人見知りなので、新しい環境と周りの人との関わりを楽しいと思って受け入れることがとても大変でした。また、英語に関して悩むことも多く、たまに塞ぎ込んでしまうこともありました。しかし、留学が終わりに近づくにつれて良い意味で色々と吹っ切れて、外国での生活を楽しむことができました。たくさん遊んで、勉強して、出かけて、日本にいる時よりも贅沢に時間を使うこと、日本ではあり得ない交友関係、食生活、生活リズムなどの全てが本当に特別であったことを留学を終えて日本に帰国した今、とても強く感じます。こんなネガティブな私でさえ、帰国前にはやっぱり帰りたくない、もう少し時間があればもっと楽しい時間を過ごせるのにと思うことができました。自分が感じた辛いことも楽しいこと面白かったこと後悔したことも悩んだことも、自分が見た景色、過ごした時間、出会った人々、全て含めて本当に特別で大切な9ヶ月だったと今じわじわと実感が湧いています。だから、もっとできることがあったという思いをひっくるめても、留学してよかったなと心から思います。

≪カルガリーと大学について≫

  カルガリーは治安も良く、冬は大変厳しいものの夏はとても過ごしやすいです。近くにバンフなどの有名な観光地も多くあり、様々な景色や体験を得ることもできます。人々も親切で、質問しても嫌な顔せずに快く答えてくれます。

  マウントロイヤル大学は他の語学学校に比べれば、日本人が少ないですが、クラスによりますが、年齢層は比較的高く、で同い年ぐらいの若いクラスメイトは珍しく放課後遊ぶような友達を見つけるが難しいです。授業は13:30に終わるので自分の時間をちゃんと取れるのが嬉しかったです。授業内容も面白くてためになったと感じます。

カルガリー 5642D37D-F27F-4E73-908C-0634056AB1C1

 ドラムヘラー8C4F9A45-EA80-4846-B350-F22A8A3EF3A8

バンフCA6FFC29-B8A9-4D74-8985-C36145B0D1ED