マウントロイヤル大学留学帰国レポート

マウントロイヤル大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成H.C

私は、カナダのカルガリーにあるマウントロイヤルに4月から7月までの4ヶ月間と8月は語学学校に通って勉強していました。4月頃はまだ雪が降っていて寒かったです。寒暖差が激しいこともありますが、基本的に過ごしやすい気候のように感じました。海外の大学は9月始まりで私が大学に通っている頃、現地の学生は休みだったので現地の友達を作るのが難しかったです。クラスには日本人がたくさんいたので、日本人とカナディアンが交流できるサークルに参加し、日曜日にチャーチに行き現地の友達を増やす努力をしました。  4月から6月はスプリングセメスターで、文法をメインに勉強しました。7月はサマープログラムというスピーキング中心のクラスでした。サマープログラムではテクノロジー、LGBT、薬物、北朝鮮のことなど様々なトピックについてディスカッションしました。他の国のクラスメイトは自分の考えをしっかり持っていたのに対し、私にはスピーキングの十分なスキルがなく、これらのトピックに関する知識もなかったので本当に大変でした。また私の思っていた以上に日本に興味を持ってくれている人もたくさんいたので日本のことや世界で起こっている時事問題をもっと知っておくべきだったと反省しました。クラスメイトは日本人が多かったものの他国の人もたくさんいたので楽しく過ごせました。8月に通った語学学校のクラスメイトはマウントロイヤルより年齢層が低かったので、放課後遊びに行ったりしてマウントロイヤルとは違った楽しみ方ができました。  今回の留学を通して、何度も悩むことがありましたがその都度自分で考えて行動出来るようになったと思います。参加した様々な場所でたくさん友達を作ることができ、私にはなかった考え方に触れることもできました。 >image1IMG_8537IMG_7833