サンディエゴ州立大学留学帰国レポート

サンディエゴ州立大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成A.D

まず、留学前に少しでも英語力をあげるように勉強して行くことをお勧めします。私の場合、一つの映画を、はじめは日本語字幕で見て内容を理解し、次に英語字幕でも内容が理解できるようになるまで何度も見て、最後に字幕なしで何度も繰り返し見るという方法で勉強しました。それでも現地に到着してから、はじめは聞き取りづらいと感じましたが、比較的早く聞き取ることができるようになったのはやはり勉強の成果があったのではないかと思います。

次に持って行った方が良いものはPCです。学校の宿題をするのにも必要であったし、日本との連絡を取るのにも便利でした。

お金の支払い方についてですが、私はVISAカードとJTBのマネ-Tグローバルカードを使用していました。普段はVISAカードで支払い、現金が必要なときにはマネーTグローバルカードから引出していました。自分が何にいくら使ったかなどをきちんとメモしておくことをお勧めします。

私が行ったサンディエゴは1年を通して暖かくとても気候が良いところです。真夏でも日差しは強いですが湿気が少なくカラッとしていて過ごしやすいです。冬でも朝晩は気温も下がり少し厚めのパーカー等が必要になりますが日中は薄着で過ごせるほどです。

大学はとにかくスケールが大きかったです。私の通っていたSDSUは、トロリー(路面電車)が大学キャンパスへ乗り入れていて、駅がキャンパス内にあったので便利でした。

非常に設備も整っていましたし、ジムやプールなどを無料で利用できるというのもうれしい環境でした。

この留学を通して一番良かったことは、現地の人達や世界各国から来ているたくさんの留学生と友達になれたことです。彼らと休日や長期休暇を利用して色々なところへ旅行に行ったことは、私にとって一生忘れることのない素晴らしい思い出です。

私は、彼らを通じてアメリカはもちろん、世界各国の文化や風習などに触れることが出来ました。また日本で暮らしているだけでは知ることのなかった様々な考え方や価値観などを知り、私自身、視野が広まり物事を様々な方向から見ることが出来るようになったのではないかと感じています。

この貴重な体験はこれからの自分にとって非常に良い経験になったことは間違いないと思います。

そして、まずは今後の課題として、習得した英語力を更に上げていけるように勉強を続けて行きたいと思っています。