サンディエゴ州立大学留学帰国レポート

サンディエゴ州立大学【2015年度前期帰国】私費

レポート作成H.M

毎日陽ざしの強い天候、そして綺麗なビーチ、そんな場所に位置するカリフォルニア、サンディエゴ州立大学(SDSU)に5か月留学生として派遣されていました。サンディエゴの街は都会でも田舎でもなく非常に学業も遊びにも丁度良い過ごしやすいところです。語学学校はSDSU内に位置しているので、現地大学生と同様のキャンパスライフを感じることができます。

 

語学学校に入学したての頃は、やはり学業や友人作りに悩むことばかりでした。語学学校にはボランティア活動や会話クラブなど様々なアクティビティが毎月用意されているので参加したりしていましたが、他の生徒と自分自身の英語力を比較してしまい嫌になることもありました。ですが、このままでせっかく与えられた留学を無駄にしてはならないと、少しずつ積極的に友人作りを始めたり、放課後は発音教室に通うなどして努力しました。

 

また、この留学で大きな変換点となったのは、SDSUの生徒達と知り合いになったことです。彼らと共通の趣味を通して仲良くなり、下宿先に招いてもらったり、大学の講義に参加させてもらったり、車で出かけたりと留学後半は帰国日まで彼らとよく一緒に過ごしていました。おかげでリスニングとスピーキング力は以前と比較して非常に伸びたと思います。彼らと過ごした日々は非常に充実したものでした。帰国した今でも連絡を取り合っています。使用する言語、過ごしてきた文化という大きな相違点があっても、互いのそれらを理解し、興味を持ち、尊重し合うことで、それらの壁は大きく乗り越えられるのだと改めて感じました。

 

日本で応援していてくれた多くの人々、ホストマザー、語学学校の教師、友人たち、そして、SDSUの素晴らしい友人たちの優しさと大きな協力のもと、無事に留学を終えることができました。この5か月という長いようで短い留学が私の今後の人生を大きく動かすものだと思っています。ありがとうございました。

IMG_0555 IMG_1521