サンディエゴ州立大学留学帰国レポート

サンディエゴ州立大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成Y.M

:サンディエゴについて

温暖な気候、美しいビーチ、明るくユニークな人々が集う街、サンディエゴについてレポートします。私は2015年2月下旬から12月下旬までアメリカのカリフォルニアに位置するサンディエゴ州立大学に留学しました。サンディエゴは一年中温暖で快適に過ごすことができ、平日でも多くの人がビーチへ足を運びゆったりとした時間を楽みます。
また、車で20分ほどいけばメキシコに行くことも可能です。その為サンディエゴにはメキシコ文化が強く根付いています。例えば、あちこちにメキシコ料理屋さんがあり、Old Townなどのメキシコ文化を知ることのできる観光地もあります。また、多くの人々が英語とスペイン語を話すバイリンガルです。もし機会があればスペイン語の習得に挑戦してみてもいいかもしれません。

Old Town SD

*写真 Old Town

 

:学校

私が10か月間通ったサンディエゴ州立大学の語学学校、American Language Institute(ALI)についてお話します。ALIは英語を学ぶことができるのは勿論、ビジネス英語、起業のためのソーシャルな英語など、自分のニーズに合わせた英語コースを取得することが可能です。私は留学当初、英語に自信がなかったので、前半の5か月間はコミュニケーションのクラスを受講し、ある程度会話力が上達した時点で後半の5か月間はもとから興味のあったビジネス英語を学びました。コミュニケーションクラスは授業のなかでアメリカの文化、歴史、習慣などを先生から学ぶことができるので面白かったです。ビジネス英語のクラスに関しては、初めは難しく、着いていくのに必死でしたが、アメリカ企業のマーケティング戦略や歴史を知ったり、実際にグループを組み、一つの企業としてプレゼンテーションを行ったりしてクラスメートを協力しながらコミュニケーション能力を向上させました。グループワークが主となるので、授業を通して友達が沢山できました。先生方は皆、明るくてフレンドリーで、友達のように接することができるので、すぐに打ち解けることができました。ただ、先ほども言ったようにサンディエゴは過ごしやすい街なので、多くの留学生が英語を学びにやってきます。その為、多くの国の人々と友達になれますが、その分日本人留学生は多いです。私のクラスでは、半分が日本人でした。授業のときは英語での会話が中心ですが、プライベートでは日本語で話す人が多いため、日本人の少ない環境で英語を習得したい人にはおすすめできません。

SDSU

*写真 San Diego State University

 

:暮らしと交流

私は前半ホームステイ、後半大学寮で生活したのですが、どちらも沢山の素敵な出会いと素晴らしい経験をすることができました。ホームステイでは、メキシコ系のマザーとフランス人のルームメイトと暮らしました。マザーは気さくで明るく、いつも相談に乗ってくれました。マザーの料理はタコスやブリトーなどのメキシコ料理も多かったですが、私の為に日本のお米を使ったごはんを作ってくれる時もありました。休みの日は愛犬とドッグビーチへ行ったりマザーの妹の家に遊びに行ったりしました。ルームメイトはすでに半年滞在していたので、会話に使える英語やおすすめの観光地などを教えてくれました。また、友達を紹介してくれたり遊びに連れて行ってくれたり、親切に接してくれました。ホームステイは文化や生活習慣を直接体験できる良い機会でした。
後半の寮生活では、スウェーデンの女の子2人と中国の女の子がルームメイトでした。互いの国の料理を振る舞ったり、自国の文化や言語を教えあったりして異文化理解に努めるとともに、今でも連絡を取り合うほどの友好関係を築くことができました。おかげで英語力の向上にもつながったと思います。放課後や休日はクラスメートとご飯を食べにいったり、ルームメイトとビーチへ行ったりして楽しみました。

 

Thanksgiving

*写真 Thanksgiving Day

:アメリカ留学

なぜ、アメリカに留学に決めたのか?英語力を向上させるだけなら他の国でもよかったかもしれません。しかし、アメリカは「人種のサラダボウル」といわれるほどの多民族国家です。私は留学の中で25か国の人々と出会いました。私は留学で多く人々から価値観や文化を吸収し、自分の価値観と照らし合わせることで、異文化理解に努めたいと思いました。これは自分の夢である「海外で働く」ということに必要不可欠であり、ワンステップであると考え決めました。実際に留学してみていろんな国の人々と関わっていく中で自分の価値観がいかに狭い枠のなかで成り立っていたのかがよく分かりました。いろんな考えを持った人、経験を積んだ人に出会い、そこから自分を見つめ直すことができたのは大きな収穫であったと思います。また、アメリカ国内でもいろんな文化を学ぶことできます。私は、留学中Los Angeles, San Francisco, Seattle, New York, Bostonなど多くの街に行きましたが、同じアメリカでも街並み、人、暮らし、食、全く異なったものでした。それを知る面白さもアメリカにはあります。自分の価値観の壁が壊され、新しい価値観を創造することができる、出逢ったことのない人や文化に出逢いワクワクできる、そんな場所だったのではないかと思います。

Sun Set SD

*写真 San Diego Ocean Beach