サンディエゴ州立大学留学帰国レポート

サンディエゴ州立大学【2019年度前期帰国)私費

レポート作成J.S

 

 私は約6ヶ月の間アメリカのサンディエゴに留学しました。カリフォルニア州に属するサンディエゴは一年中温暖で雨がほとんど降りません。私は実際半年間留学していましたが、本当に雨が降らないし、夏でも暑すぎず最高でした!その代わり日本に帰ってくると日本の暑さに衝撃をうけた覚えがあります笑。またサンディエゴはメキシコと隣接しているため、日帰りでもメキシコに行くことができます。私が唯一留学でのやり残したことはメキシコに行けなかったことです。しかしサンディエゴにも沢山の美味しいメキシコ料理があるため、留学中は初めてのメキシコ料理も味わうことが出来て大満足です!

 

 まず学校生活の話からすると、クラス分けのテストではあまり自分が納得するような成果を得ることが出来ませんでした。そのためあまり上位のクラスに入ることが出来なかったです。しかしその経験が私のモチベーションになりました。なんとかクラスのレベルアップの為に毎日学校終わりにはカフェや図書館で勉強しました。人生生きてきた中でここまで英語のみ勉強するのは、初めてだった為途中とてもしんどかったですが、今思えばとてもいい経験になったと思います。

 

 私は留学中ホームステイと学生寮生活どちらも体験しました。2つそれぞれに良さがあり、どちらも体験出来て良かったと思います。それぞれの感想をいまから述べます。

まずホームステイはとにかくホストマザーの手料理が美味しかったです!先程申し上げたようにサンディエゴはメキシコに隣接しているため家庭内でもメキシコ料理がでるこどか多く、アメリカンなハンバーガーやパスタの日もあれば、ブリトーやタコスといったメキシコ料理も作って貰えたので食事面ではとても満足しました!また1人部屋であったため自由な時間を過ごせてた点も良かったと思います。ホストマザーはとても優しい方でいつも夕飯のときに一緒にお喋りするのが習慣でその時間はとても英語を話す機会として良かったと思います。次に学生寮は、同年代とシェアハウスのような形で私のハウスメイトは台湾人と韓国人でした。

 

学生寮は自分のことは自分でしないといけないため、大変でした。とくに自炊の面が大変でした。今まであまり料理をしてこなかったため、最初は料理をつくるのが面倒に感じていましたが、徐々に楽しさに変わっていきました。人生初の共同生活はとても自分にとって一時期苦痛になることもありましたが、とても良いハウスメイトと出会うことができたため今では最高の思い出でもあり、体験して良かったなと心から思います。

 

 最後にこの留学生活を通して多くの人々に出会い、とても助けられました。最初は慣れない海外での生活で大変でしたが、いまではその生活を乗り越えてきたからこそ強みを生かしながら、この経験が無駄にならないようにしたいです。

 AA67B9EF-CDAC-4B52-A017-C4BC6F882E560274D893-EF8D-4765-858F-B854B8797AC0