シェパード大学留学帰国レポート

シェパード大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成M.A

第二外国語で韓国語を学んでいた私は、「ロサンゼルスはソウルの次に韓国人の多い町」と聞き、英語と韓国語の両方を勉強するため約7ヶ月間ロサンゼルスのシェパード大学に留学しました。7ヶ月間毎日の生活が充実しており、楽しかったこと、辛かったこと、全てが一生忘れることの出来ない最高の思い出です。

 

<ロサンゼルスでの生活>

アメリカ、カリフォルニア州にあるロサンゼルスは一年を通して気候が良く、私の生活していた7ヶ月間でも雨が降ったのは数回程度でした。実際に傘をさして外出した記憶はほとんどありません。ロサンゼルスは多国籍文化で在米の方、留学生など様々な国の人々が生活しています。街にはたくさんの国のレストランがあり日本食レストランも充実していました。また世界一大きいコリアンタウンがあり、行くとまるで本当に韓国にいるのかと錯覚してしまうほどでした。ロサンゼルスに住む人々は温厚でとても優しいため、すぐに友達になることが出来ました。ハリウッドやビバリーヒルズなど有名な場所が多く休日に散歩しながら観光が出来る点もとても良かったです。ホリデー期間にはグランドキャニオン・ラスベガス・ニューヨークなどたくさんの場所に旅行しました。見た事もないような大自然、大都会の景色、初めて見るものばかりでどの場所も圧巻でした。寮のあるパサデナ地域は山に囲まれており、少し田舎ですがとても治安が良く、生活するにはとても良い環境でした。寮から学校まではシャトルバスが出ているので便利でした。気分転換にサンタモニカビーチにもよく訪れていました。このように少し行けば山、少し行けば海といろいろな楽しみ方の出来るロサンゼルスは素晴らしい地域でした。

 

<学校>

シェパード大学には音楽科・看護科・ESLの3つのコースがあり、私はESLコースを受講していました。ESLの授業は月〜金曜日の午前中のみで、50分の授業が4つあります。週に2回午後のクラスが開講されており自由に参加できます。ESLのクラスは5段階にレベル分けされていました。成績によってクラスが振り分けられ、優秀な成績をおさめると飛び級も可能でした。私はレベル2と4を受講したのですが、レベル2では英語の基礎を固め、レベル4になると一気に難易度があがり課題の量も増えました。どのレベルの授業でもディスカッションやゲームなどの様々なアクティビティを通しスピーキング力の向上に力をいれていました。各クラス少人数制で私のクラスも8人程度でした。ESLのほとんどの生徒は韓国人で、日本人は私を含め2人だけした。そのため英語と韓国語の両方を勉強したい私にとってはとても良い環境でした。しかし、学校内のオフィススタッフも韓国人ばかりで、中には英語を全く話せない方もいらっしゃいました。そのため韓国語の全くわからない方にとっては苦労する場面が多々あるかと思います。

 

<最後に>

この留学を通して語学力の向上はもちろんのこと、他にも様々なことを学びたくさんの思い出が出来ました。単身渡米した私にも帰国の際には涙を流して空港まで見送りにきてくれたたくさんの友人ができたこと。慣れない海外での生活の不安でくじけそうになった時、支え応援し見守ってくれたたくさんの人がいたこと。私はたくさんの人のおかげで挑戦し成長することが出来ているのだと実感しました。この留学という貴重な経験を通して得たこと全てを、これから先の人生に活かしていくことが恩返しにもつながると思います。この留学を実現し乗り越えたことは私の自信につながり、次は就職活動を乗り越えていきたいです。留学して本当に良かったと心の底から思っています。

 IMG_8602 IMG_9495 IMG_9521 IMG_9020_2