トロント大学留学帰国レポート

トロント大学【2016年度後期帰国】私費

レポート作成T.N

 

私は、8月26日から1月6日までの約4か月カナダのトロント大学の語学学校に留学した。

 

○留学前とその後

 私が留学に来て最初に感じたことは、自分の英語力である。中高と英語を勉強し、大学でも英語を専攻していたが、いざ留学に行ってみると本当に話すことができなかった。ホストファミリーの前では、聞きたいことがあってもどのように言っていいかわからず、最初の何日間かは、不安で仕方がなかった。ちょうど、私がホストファミリーを訪ねた初日の日だけ、前の留学生がおり、英語を当たり前の方に話、楽しそうに会話をしていることに驚いた。そんな中、何個か質問をされたが、まず質問を聞き取ることも難しく答えることも大変だった。その後、留学生が去り、ホストマザーとごはんを一緒に食べるとき何を話していいのかわからず、沈黙が続きすごく居心地が悪かった。しかし、このままではだめだと感じ、自分から単語だけでもいいから話してみようと挑戦したところ、答えてもらえ、また、マザーの方からも話してくれるようになった。学校でも、日本人がたくさんいたこともあり、英語がわからなければ日本語を使えばいいと甘えていた。正直、日本人しかいないクラスで日本語ばかり話すクラスメイトにはイライラしていた。トロント大学はたくさんの日本の大学と提携を結んでおり、夏休みではプログラムとしてたくさんの日本人が来るので気をつけた方が良い。そんな中、日本人同士でも英語を使って話す人たちを見て、とても刺激を受けた。そこから、できる限り英語を話すように心がけた。次のAcademic Englishでは、クラスメイトも韓国人、中国人、ベネズエラ人と外国の友達が増え、英語を使う機会が増えた。授業的にも難易度が上がり、その3か月で成長したと感じる。しかし、たまに日本語を話してしまう時があり、その時はほかの国の友達が「にほんごしゃべるな」と言ってくれ、できるだけ甘えずに取り組めたと思う。クラスが終わり、みんなが離れ離れになるときは、みんなさみしいとみんなで話したことを覚えている。私は、そう思える友達にであえたことがうれしかった。最後の方には「奈美はほんとに話せるようになったよ」と言ってくれる友達もおり、自分では感じることのない成長を周りの友達が教えてくれうれしさと同時に、こんな私に付き合ってくれた友達に感謝している。将来、また会おうと約束するなどとかけがえのない友達ができたと感じる。

 

○トロントについて

 トロントという街に住んで感じたことは、とにかくよい街という印象だ。治安がよく、都会であり、そんな中にも自然があり住みやすい国だった。交通機関はマンスリーパスを買えば、1か月バス、地下鉄、ストリートカーが乗り放題だった。また、観光名所もたくさんあり、私はトロントアイランドが大好きだった。また、トロントにはメジャーリーグのチームがあり、野球好きの私にとってとてもうれしいものであった。他にも、いろんなスポーツチームがあり、スポーツ観戦も楽しめる。食事は、いろんなエスニックタウンがあり、特にコリアタウンは韓国料理を楽しむためによく利用した。また、トロントは毎週どこかで何かのイベントがやっており、週末も楽しめる街であった。

○留学先でびっくりしたこと

 私が留学先でびっくりしたことは、たくさんあった。まず始めに思ったことが、カフェが多かった。特に、カナダ発祥の「Tim Hortons」は至る所にあり、また価格も安く、今までコーヒーが飲めなかった私はカナダでコーヒーが大好きになった。授業の休み時間に毎日通っていたほどだった。  2つ目は、食材です。私のホームステイ先はイタリア系の家だったため、パスタがよく出てきた。しかし、それはいったん作り、冷蔵庫に何日も入れていたものだった。そのため、私は腐っていないか不安だった。他の日もスープのにおいが変で不安だった。そう思うと、日本人は賞味期限を気にすると感じた。また、小腹がすいたときは、フルーツを食べた。例えばリンゴを丸かじりと日本では考えれない。また夏には、ハエも多く、いろいろ心配だった。  3つ目は、家の構造である。トロントはカナダに位置しているため、冬は寒くなった。しかし、家はずっと暖かかった。それは家中にパイプがあり、そこから温風が、夏には冷風が流れ、家のなかは快適に過ごすことができた。他にも、建物に入ると暖かかったため、外はコートを着て、中はほとんど薄着で過ごしていた。特に、心配して持ってきたヒートテックなどは私には必要なかったため、あまり活用しなかった。  4つ目は、街でスクローという、リスのようなものが見れることだ。最初に見たときはほんとに驚いた。街のいたるところにおりとても癒しであった。

○留学中の旅行

 私が留学中にした経験で特に、取り組んだことは、旅行である。私は計5か所もの旅行に行った。訪れた場所は、モントリオール、バンクーバー、ニューヨーク、フロリダ、キューバである。どれもトロントから3~6時間で行けるようなところだった。しかし、節約していきたかった私は、ニューヨークには13時間バスに揺られながら行ったりもした。この5つのうち3つは1人旅であった。一人で旅行はしたことがなかったため不安もあったが、気楽で楽しい旅となった。普段訪れることのないような場所に行けたことはとてもよかった。また、お金を出してくれた両親にも感謝している。機会があればもっと北米をもっと旅行したかったと感じる。

 

 

 

S_5993510522124 S_5993510821946 Image_68a7c16 Image_bf011b6 holiday_2 Image_09acf59