トロント大学留学帰国レポート

トロント大学【2018年度前期帰国】私費

レポート作成F.M

トロントには2017年9月から2018年6月の間、行きましたがとても治安のいい場所でした。街並みも住宅街から大通りに出ると大都市でとてもびっくりしたし、ほとんどのショッピングモールやカフェ、地下鉄もwi-fiが使えたのでとても便利でした。外国人や移民が多くて現地の人はとてもオープンな性格な人が多いので本当に良い場所でした。

私はホームステイを約9か月していましたがホストファミリーの方はフィリピン系の人で(英語は堪能です!)米もよく出てきて助かりました。ですがそれでも正直日本食が恋しくなる時もあり、炊飯器も日本の方が性能がいいのかお米だけでも全く違うので食は物足りなく感じるときがありました。ですがトロントにはコリアンタウンがあったり、私が行っていた学校の前にアジア食品がたくさん置いてあるスーパーがあったのでそこでみそ汁やインスタント食品を買うことも可能で、値段は高かったですが日本食が食べたいときやお腹の調子が良くないときはそこでよく買っていました。また私のホームステイ先はホストファミリー4人と韓国人と私の留学生2人の合計6人が住んでおり、一番困ったことはバスルームでした。ホームステイ先はシャワー、トイレ、洗面所が1つにまとまっており朝は特に混むので本当に大変で学校に遅刻してしまう時もありました。あとは冬が特に寒くて各部屋に床から温風が出てくるように暖房がついていますが全くトロントの冬に慣れていなかったので、それでも寒かったです。ホストファミリーは冬でも家の中では半そででしたがトロントの寒さに慣れていなかった私は部屋が寒いとよく伝えていました。あまりに私が寒いというのでホストファミリーはヒーターを貸してくれました(笑)本当にホストファミリーは優しくてホームパーティーや親戚の集まりに私も参加させてくれて感謝しています。

学校生活では私はトロント大学の付属語学学校に行きました。アジア人が多く日本人もかなりいたので日本人とばかり仲良くしていると英語はなかなか上達しないなと思いました。大学のプログラムで来ている人も多く日本人同士仲良くしている姿を見ていると寂しく、なかなか友達が出来ない自分に焦りなども感じましたが少ないながら出来た少人数の友達にはとても感謝しています。友達とはカフェやスケートに行ったりして遊びました。

最後に留学を通して思ったのはまず英語の勉強をしに行ったのでとにかく外に出てみることが大切だと思いました。ショッピングをしている時でもレストランに行った時でも会話の勉強になるしとにかく話すことを頑張るのが大切だなと感じました。またトロントの冬を経験しましたが本当に寒くて大変でした。なのでトロント、現地で防寒着を買った方がいいと思います。私は日本からいくつかコートを持っていきましたが正直防寒にならなかったので現地で買うことをお勧めします。また困ったときは本当に人に相談した方がいいです。授業中でも道に迷った時でもホームステイ先でも自分で考えることも大切ですが勇気を出して聞いてみると助けてくれるのでとにかく会話するのが大切だと思いました。