トロント大学留学帰国レポート

トロント大学【2018年度後期帰国】私費

レポート作成H.M

IMG_4815 IMG_1713 IMG_9883

・トロントについて

9月から2月中旬の約5ヶ月間留学しました。トロントは結構都会でそして様々な人種の人たちが暮らしています、なので色々な国の料理のレストランが多かったです。9月はまだ夏で気温は27度などで暑かったです。そして10月からは少し寒くなり、12月になるとマイナス18度などになり、体感温度はマイナス28度まで下がりました。皮膚が痛くなるほどで外に出るとマイナス30度まで対応するダウンジャケットとスノーブーツ、手袋、帽子が必須になります。雪も沢山降りますが日本の雪と違ってサラサラで雪の結晶も見ることができます。

 

・学校生活

トロントは比較的に有名な場所なので日本人が多かったです。私の最初のクラスは全員日本人でした。またレベルもありますが、2月になると日本人は少なくなりました。他の国の生徒も多く、その人たちと仲良くなってランチを食べたりその国のことや言葉を教えてもらったりしました。私の学校のコースはEnglish plus(1か月間でスピーキング重視のクラス)Academic English(3か月でReading とWriting重視のクラス)がありどの授業も最後の方はテーマに沿ったプレゼンテーションをしました。

 

私は最初人前で発表するのが好きではなかったのですが、最後の方はそんな気持ちがなくなりました。

 

・日常生活

私はクラスメートと授業が終わった後にどこか出かけるのがとても楽しかったです。カフェに行って沢山おしゃべりしたり、休日はナイアガラの滝に行ったりランチに行ったりと学校とはまた違ってとのしかったです。ホームステイには一人のルームメイトがいました。最初は韓国人の女の子でその次はブラジルの女の子そして最後はコロンビアの女の子でした。どの子も素敵でみんなと仲良くなれました。帰ってきた今でも連絡を取り合っていますし、旅行にも行く予定です。ホストファミリーも優しくご飯も美味しかったです。

 

・アドバイス

 トロントの町の人たちはみんな優しくて、すぐ話しかけられます。学校ではネイティヴの人たちは先生しかいないけど、街に出ると沢山いてしかもみんな話しかけると話してくれるのでスピーキングの練習になります、恥ずかしがらずに話かけててみてください。日本で味わえないことが沢山あります!何があるとは言いません、行ってみて実感してください!