トロント大学留学帰国レポート

トロント大学【2013年度後期帰国】

レポート作成M.K

私は9月から2月までの5か月間、カナダのトロントに留学しました。学校はトロント大学に行っていました。

 

-トロントに選んだ理由‐

これが私の初めての留学だったので、第一に考えたのは治安についてです。そこでまずカナダに決めました。その中でも特にトロントを選んだ理由は移民の割合がマイアミに次いで世界で2番目に高いという点です。移民が多いということは英語だけでなく様々な国の文化に触れることができると思ったので、この点が私にはとても魅力的でした。

 

-トロントでの生活-

実際住んでみて感じたことは、留学生が過ごしやすいところだということです。トロントは留学生が多く語学学校などもたくさんあります。そういったことから留学生を対象にした会社やイベントがたくさんあります。交通費についても一か月108ドルの定期でTTCというトロントの市営地下鉄、バス、路面電車がすべて乗り放題です。これのおかげで休みの日には色々なところに行くことができました。そしてエスニックタウンも多くあり、楽しめました。またトロント大学の周りでは、トロント大学の学生を対象に博物館やドラッグストアなどが割引をしてくれたりしました。ただ消費税が高く、物価は少し高いかなと思いました。

 

-学校生活について-

授業は生徒の人数によりますが、わたしが行っていたときの期間はだいたい4~5レベルに分かれていて、一クラス18人くらいでした。クラスはコースが変わるごとにテストがあり、その結果で決められました。午前授業と午後授業に分かれてありますが、アカデミックコース以外だと全て午前授業でした。放課後はワークショップやコーヒーチャット(無料でコーヒーとドーナツを食べながらお喋りしたりゲームをしたりする)とアクティビティがありました。アクティビティではCNタワー(トロントの高いタワー)に行ったり、博物館やパーティーに行ったりしました。これらは語学学校の生徒を対象にしていますが、その他にもトロント大学が主催しているランゲージエクスチェンジなど色々ありました。

 

-留学中の旅行-

私が行ったのは、オタワ・モントリオール・ケベックシティのフレンチカナダとイエローナイフとアメリカのニューヨークに行きました。フレンチカナダとニューヨークは留学生を対象にしたツアー旅行会社を使い安くで行くことができました。バスツアーでスケジュールがタイトだったのですが、しっかりと有名なところに連れて行ってくれるので満足でした。旅行ではないのですが、ナイアガラの滝にも行きました。バスで片道2時間もかからないので休みの日にささっと行けました。

 

-留学を終えて-

この留学は本当にいい経験になりました。行っていなかったらきっと経験することがないだろうなと思います。語学とそれ以外にも多く学ぶところがありました。やはり日本の外の世界というのは実際に自分の目で見てみないと本当のことはわからないし、見たことは確信を持って信じることができます。それと同時に反省することも見えてきました。留学中に日本のことについて尋ねられたときに、答えに悩むことがよくありました。一方で他の国からの留学生は自分の国について関心もあるし、ディスカッションのときもしっかりと意見できていると感じていました。やはり自分は日本についてもっと関心を持つべきで、日ごろから何に関しても自分の意見を持っておこうと思うようになりました。