ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2015年度前期帰国】私費

レポート作成U.M

留学を終えて

 

私は語学力の向上と視野を広げることを留学の目的にしました。結果としてはどちらも達成できたと思います。カナダの南西部に位置するバンクーバーアイランドのビクトリアに半年間留学していました。カナダを選んだ理由としては、発音が綺麗だと聞いていたからです。ホストファミリーや先生の発音は思っていた通り綺麗で、聞き取りに苦戦したことはあまりなかったと思います。また、カナダは治安がよく、私が生活をしていた地域では警察が出動するという事態に遭遇することもないほど穏やかな場所でした。ダウンタウン(繁華街)ではホームレスの方が多く、その件についてホストファミリーや学校で話し合うこともありました。日本では、あまり考えなかったこともすごく身近に感じることもたくさんありました。

 

私は留学先で次の2つのことに重点を置いていました。一つ目はホームステイ先で積極的に話すことです。留学に行く前はホストファミリーと仲良くなれるかすごく不安でしたが、とても気さくな人ばかりで楽しく会話をすることができました。年齢の近いホストシスターとは大学の話やホストシスターの彼氏の話など様々な話題で盛り上がりました。私の周りの友人の中にはホストファミリーとうまくいかず家を変えている人もいましたが、話をすることで分かり合えることもあると思うので、もしうまくいかないという場合は話し合ってみるのもいいと思います。二つ目は多国籍の友人を作ることです。正直、日本人はすごく多かったのですが、他国から来ていた留学生も少なくありませんでした。他国の留学生は、日本人の考え方や物事の発想とは違うことも多々あり、すごく勉強になりました。留学の目的としてあげていた視野を広げることは達成できたと思います。

 

留学することで人生が180度変わると言われていますが、本当にその通りだと思います。もし留学に行くかどうか迷っているのであれば、できれば学生中に行くことをおすすめします。就活のためや語学力の向上のためでもいいですが、私はそれ以上のものが得られると思います。