ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2016年度前期帰国】私費

レポート作成H.T

僕は、2016年2月28日から8月30日までカナダに私費留学に行きました。留学先は、ビクトリア大学付属の語学学校です。帰国レポートとしてこの期間中に経験したことや感じ取ったこと、語学面での成長について報告したいと思います。

この留学を決めたきっかけは、ほんとに自分が変わらないと将来どうなるかわからないという危機感や自分に対する不満でした。もともと、英語を勉強することが好きで、海外にも興味がありました。実際に、オーストラリアに一度、三週間ほど行った経験もありました。この留学に挑戦しようと決めた2015年の夏前ごろから自分は、沢山成長できたと思います。その中でも一番成長したのは自分の精神面だと思います。この期間中では、自分の発言したことや自分で決めたことを貫き通すことができたと思います。そこから派生して沢山成長できました。積極性も増し自分の意見を言えることができるようになったと思います。他人とのコミュニケーションも以前に比べて、何の躊躇もなくできるようになったと思います。自己管理能力も向上しました。語学学校でのスケジュールは、沢山課題、発表などもありました。そこに加えて日本のゼミなどの課題も同時に行いました。日本にいる時よりも自分のことは、自分でやるという精神が芽生えて、掃除や選択、料理もやりました。けれども沢山困難もありました。やはり言葉の壁、文化の壁は、たやすくは超えることができません。そんな時自分の強さや弱さと向き合うことができました。常に挑戦して、前向きに努力できたと思います。

沢山経験することもありました。六か月間という、半年間は長く感じるようで短く感じます。異国の文化や言語を理解するには、あまりにも短い期間だと思います。しかし、この半年間で様々な人に出会うことができました。あるクラスメートは、「自分の国では、内戦があり思うように勉強ができない。だからこの語学学校に来て勉強している。」と語っていました。また、韓国から来たクラスメートとレストランに行って政治について話しました。海外から見た日本や日本人について知るいい経験になりました。ネイティブの友達も作ることができました。誕生日会に誘ってもらったり、観光地巡りもしました。また、アメリカ、カナダ国内も何度か旅行に行く機会がありました。その時でも違った文化に触れることができました。初めてアメリカに行った時、空港からタクシーを呼んでホテルに向かいました。帰りも同じようにホテルからタクシーを呼んで空港に向かいました。距離が同じだったのに行の値段のほうがかなり高くてびっくりしました。後からネイティブの友達からこのことについて話すと、個人経営だったりするとこいうことは、日常的にあると教わりました。値段交渉をして決めるなどするべきだと言われました。無知な自分達は、もっと日本のことのみならず海外のことについても勉強するべきだと思いました。半年間、このように非日常を経験できたことは、今後の人生間違いなくプラスになると思います。

もちろん勉強面でも次第に成果が出てきました。最初は、ほんとに何を言っているのかわからなかったです。ほんとに英語なのかなと思う時期もありました。しかし、三か月過ぎた後、自分の精神面の向上と同時に英語力がドンドン上がったと思います。その中で毎日続けることを常に意識しました。英語の問題集を毎日1、2時間程度やりました。リスニングが伸びたと思います。日本に帰ってきて、英検、TOEICを受けました。英検は、二級を受けました。Writing満点で他の技能も9割近くマークしていました。TOEICの結果は、まだ帰ってきていませんが前回+300点前後とれているのではないかと思います。また、今後アイエルツなど他の語学試験にも挑戦する予定です。

この留学を決断してから将来について沢山考えました。どのようなことが自分に向いているのだろうか、どのようになりたいのかについてよく考えました。来年、休学をして海外に行きもう一度、自分に挑戦したいと思っています。将来は、日本のことを世界に広げられる仕事に就きたいと思っています。いつになるかわかりませんが、自分で経営して民泊のようなもの作りたいと思っています。海外から沢山の外国人を招いて楽しんでもらえる場所を作りたいと考えています。

最後になりますが、このように沢山のことに挑戦できているのは、家族の支えがあってのことだとしみじみと思っています。僕がこれをやりたい、したいと思っても自分一人ではどうにもなりません。カナダでできた友達の存在も大きかったです。お互い成長しあってまたどこかで会おうと約束しました。世界中に友達ができ本当に留学に行って良かったです。また、期間中支援してくださった、ゼミの先生、サポートデスクの方々に本当に感謝しています。IMG_3891自転車 カナダ