ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2016年度前期帰国】私費

レポート作成T.M

 私は2016年3月から8月までオーストラリアのビクトリア大学語学学校に留学しました。キャンパスはビクトリア州メルボルンの中心街にあり、生活するのにとても便利でした。定期的に他の日本の提携校の学生が団体で来るそうですが、私が留学した期間では日本人があまりおらず英語の勉強に専念できました。学生の出身国も様々で、オーストラリアの文化だけでなく、いろいろな国の文化に触れることができとても楽しかったです。

 生活面について、最初の1か月はホームステイをしましたが、問題が色々と発生してストレスが溜まる日々でした。2か月目からシェアハウスを始めました。その後はストレスなく勉強に集中でき、クラスメイトと交流できました。物価が高かったので、自炊するように心がけていました。アジア人が多いので町のいたるところにアジア食料品店があり、食事に関しては特に困ることはありませんでした。

 語学面については、私は留学前と留学後では自分の語学力が上がったように実感しています。それは、学校に日本人が少なかったことが大きいと思います。最初は分からないことがあったりしても相談する相手が日本人ではないので不自由に思うことがありましたが、その環境が自分を強くしたなと思います。また、学校は学生に向けてランゲージエクスチェンジを行ったり、ボランティアなどの様々な活動をと通して学生同士の交流の場を設けたりしてくれるなど、サポートが充実していました。今はまだ自分で語学力が伸びたと思っているだけなので、今後語学試験を受けて半年間の留学がどれだけ自分の力になったのか確かめたいと思います。

 私は今回の語学留学を通して様々なこと学ぶことができました。英語はもちろん、移民の人々についてや、様々な国の文化や考え方です。半年という短い間でしたが、毎日いろんなことを発見してとても刺激的でした。また、勉強だけでなくたくさんの友人を作ることができました。これらのことをするのは、おそらく日本で生活していたらとても難しいことだと思います。日本に帰国してから、留学生活楽しかったし戻りたいなと思うことがよくありますが、半年間学んできたことを生かしてこれからも前進していけたらなと思います。

IMG_7938IMG_8901