ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2018年度前期帰国】 私費

レポート作成O.Y

IMG_6016

私は四月から八月までカナダのビクトリア大学に留学していました。留学に行って他国の友達ができていろんな考え方や文化を知ることができて楽しかったです。でもやっぱり日本人が一番多いです。特に七月からは夏休みで日本の大学のプログラムで来ている学生が多いので日本人だらけで驚きました。日本人の少ないところに行きたいならカナダはお勧めしません。あと、アジア人が町全体に意外いるなと感じたし、アジア食も多くありました。 留学中は現金をあまり使いませんでした。国際キャッシュパスポートというカードを作ってそこにホームステイ代を振り込んどいて、毎月大学のATMから引き落として渡していました。外食や買い物では基本的に普通のクレジットカードで支払いをしていました。クレジットカードは月に使える上限もあるカードがあったのと、なくしたときように二枚もっていきました。

ケータイは機内モードのままにしてWifiだけで生活していました。基本的にどこの店にもフリーワイファイがあるのでカナダ国内では大丈夫でした。でも、アメリカを旅行する時はタクシーアプリのuberを使った方が安全に移動できるので、アメリカで使えるsimカード変える方が良かったです。

ビクトリアは本当に安全で治安がいいです。静かな町ですが飲食店以外の店は夕方には閉店してしまうのが驚きでした。夕食を友達とダウンタウンで食べて12時近くに一人でバスに乗って家まで帰っても全く問題ないです。

4月でもまだまだ寒くてニットにアウターを着て日本の冬服でした。7月になってやっと半袖を着ても、でも朝と夜は寒いので、遊びに行く日は薄手の上着を持って行きました。暑くても蒸し暑くはなくて、汗をかくことはほとんどありません。

バンクーバーによく遊びに行きました。フェリーまでのバスはいつもつかうバスカードでいけて、フェリーも往復3500円ほどで簡単に行けます。バンクーバーはビクトリアと違って都会で買い物を楽しめます。シアトルにもダウンタウンから簡単にフェリーで行けます。しかしアメリカなので、フェリー代は安くはないです。アメリカはカナダほど治安が良くなかったです。

留学して一番良かったことは違う国の友達ができたことと、今の周りの環境や家族に感謝するようになりました。最初はやっぱり日本にいる家族や友達も恋しくなりました。英語が伝わるか不安で何をするのも心配していました。でもだんだんと友達も増えていき、英語での会話にも慣れてきて、自分から積極的に話しかけられるようになれて、これからいろんなことに挑戦してみようと思うようになりました。