ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2019年度後期帰国】私費

レポート作成S.F

私は半年間カナダのビクトリア大学に留学しました。

まず、ビクトリアについて思ったことは安が良く人々がとても親切だということです。9月は暖かくシャツ一枚で過ごせる快適な気候でした。冬も、カナダの他の地域と比べるとそこまで寒くなく、日本の冬と同じくらいです。

学校ではスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングをバランス良く学ぶことができました。友違もたくさんできました。日本人が多い環境だったので、固まっていては意味がないと思いなるべく他の国からきた友達と積極的に出かけるようにしました。様々な年代の留学生がいたのでいろいろな話ができて楽しかったです。ボランティアにも積極的に参加しました。

留学生活で楽しかったことは季節の行事です。サンクスギピングデーには家でホストファミリーの親戚や友人が集まってディナ-を食べました。ハロウィンはパーティに参加し、クリスマスにはまたファミリーと親成とご飯を食べました。日本にはない文化をたくさん知る事ができ、友達も増えたのでとてもいい機会になりました。ホストファミリーも優しく子供もたくさんいたので毎日楽しく過ごせました。急に帰国することになったのでお別れは本当に寂しかったです。

辛かったことは特にありませんが、カナダ人のネイティヴスピーカーに自分一人が混ざって会話している際に自分の英語力の低さに落ち込むことは何度かありました。

日本と違う点はたくさんありました。まずは、人と人の距離感が違います。レストランの店員さんも気軽に話しかけてくるし、バスを持っているとおばあちゃんに話しかけられることもよくありました。そしてやはり食事が違います。ホストファミリーにもよりますが、お米を食べる機会は少なかったです。しかしダウンタウンには日本食や韓国料理レストランなどがあり、留学生に人気の場所となっていました。

長期留学するのであればサトウのごはんなどを持っていくと重宝することになると思います。他にも持って行った方が良いものは、エコバッグ、現地でできた友達に渡す小さなお土産、日本の文房具などです。クリスマスにはプレゼントを家族一人一人に用意する文化があるので私は現地でプレゼントを買いましたが、日本から多めにお土産を持ってこれば良かったなと思いました。他にも雨が良く降るので防水の上着などもあれば良かったなと思いました。

 

私はこの半年間の留学でたくさんのことを学びました。ビクトリアに留学して良かったと思える1番の理由は、大切な友達やホストファミリーに出会えたことです。自分自身も彼らと出会えたことで成長する事ができました。また彼らに会える日まで日々頑張ろうと思います!

 

7913A5B2-7666-4EC1-9AE1-7B8CC8D7C5F1 C257266F-78D3-405B-BC05-78E08D19C3AC

8EC99B8C-7B57-4702-8C29-B4F1EE4650AA