ビクトリア大学留学帰国レポート

ビクトリア大学【2019年度後期帰国】私費

レポート作成F.T

私はカナダのビクトリアに9月から3月までの7か月間留学していました。私は元々寒いところが苦手で、ビクトリアはカナダの中でも比較的温暖な気候であり平均気温も日本とあまり変わらないことから留学先に決めました。留学に行く前は楽しみと少し緊張があり、元々英語が話せるわけではなかったので不安もありました。少しでも語学力を上げようと留学前にTOEICを受験してみたり英会話スクールに通うなどしました。

 

留学先での授業は、授業は基本月曜から金曜まで行われ私は午後クラスだったので授業は1時から5時までありました。私のクラスはアジア人が多いクラスでした。授業は主にコミュニケーションを重視した内容が多く、初めは自分の意見を上手く英語で伝えることができずとても苦労しました。また定期的に内容理解のための小テストが行われることもあり、家に帰るとその日の宿題とテストの勉強を行うことがほとんどでした。1か月に1つのペースでプレゼンテーションがあり、その準備をするのが少し大変でした。

 

12月から約1か月の休暇を挟んで、新しいプログラムがスタートしました。今度のプログラムは午前スタートだったため授業後に友達とダウンタウンに出かけるなどの時間ができました。授業は9時から3時までで行われ内容に大きな違いはなかったのですが受講した期間が短かったため、短い期間でテストやプレゼンテーションがあり帰宅後の勉強時間は多く取らないといけないように思います。ですが、どの授業も英語を使ったコミュニケーションを図り毎日楽しく受けることができました。

 

私は今回の留学を通して、より一層英語に興味を持ちもっと自分の英語力に磨きをかけていきたいと思いました。また、英語を使った職業に就きたいという思いも今まで以上に強く持つことができたので、それを叶えるために頑張っていこうと思います。

 

ECGL1009