ビクトリア大学留学帰国レポート

ヴィクトリア大学(カナダ)

レポート作成U.D

僕が留学に行っていたのはカナダのビクトリア大学の付属の語学学校で、9月から2月までの5ヵ月間を過ごしました。ビクトリアはカナダの中でも比較的に暖かいほうで、観光地としても有名なようです。また世界中から留学生が英語を学びに来ていて、カナダ以外の国のことも知ることもできました。

僕は留学に行く前に3つ決めたことがあって、それは「英語の能力の向上」「いろんな国の友達を作る」「積極的になる」の3つで、カナダから帰ってきた今振り返ってみると全て成し遂げたと思います。「英語の能力の向上」はカナダに行く前はTOEIC565点だったのが、帰ってきて受けてみるとTOEIC795点に上がっていました。「いろんな国の友達を作る」は語学学校にはもともといろんな国からの人達がきていたのもあったし、大学のほうにもいろんな国から来ている人達がいて、カナダ、アメリカ、ブラジル、コロンビア、メキシコ、フランス、トルコ、サウジアラビア、タイ、韓国、中国などまさに世界中に友達ができました。「積極的になる」は留学すると決めた時点から、今までの自分を捨てる覚悟があったのもあって、授業ではよく発言するようになり、最終的には2月のフェアウェルパーティーで50人くらいの留学生の前でスピーチをしました。

この3つ以外にも自分で成長したなと思うことはたくさんあって、いろんな国の人達に会うことで、世界のいろんなとこで起こっていることに興味を持つようになったり、自分に自身を持てるようになったり、この留学で日本にいたままじゃ体験、成長できないようなことをたくさんしました。