ウィニペグ大学留学帰国レポート

ウィ二ペグ大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成H.M

image

 

◎ウィ二ペグについて

ウィ二ペグは夏はとてもいい気温だそうですが、冬はすごく寒かったです。マイナス20度は当たり前でしたが、留学前心配していたほど耐えられない寒さではありませんでした。街の人たちもいい人ばかりした。休みの日に楽しめる観光地などは少ないですが、それでもショッピングモールや川でスケートしたりと毎日楽しかったです。

 

◎ウィ二ペグ大学

私の通っていたウィ二ペグ大学の語学学校は大半がアジア人で日本人がかなり多かったです。留学前、日本人は少ないと聞いていましたが、日本の他の大学の留学プログラムの時期と被ったため、最初のセメスターでは8割が日本人で、二つ目のセメスターでは8割が韓国人でした。しかし、クラスには他の国の生徒もいます。日本人が多くても、学校ではEnglish Onlyのルールがあるので、自分の意識次第で英語を使う環境は十分にあると思います。先生も分かりやすい楽しい先生ばかりでした。

私が受けたプログラムは、一つ目が4ヶ月間のプログラムで、最初にオリエンテーションとクラス分けテストがありました。オリエンテーションでは、それぞれの国に分かれて翻訳しながら教えてくださったので、最初に語学が不安でも心配はないと思います。その4ヶ月間のプログラムが終わった後はもう一度クラス分けテストを受けて、それぞれのレベルに分かれて勉強しました。

◎ホームステイ

私はホストマザーとホストシスターと犬のいる家で5ヶ月間お世話になりました。ホストファミリーはすごく親切で困った時は助けてくれたり、イベントの時は親戚の集まりのようなものに連れて行ってくれました。しかし、友達の中にはホストファミリーと合わない人も何人かいて、その人たちはすぐにファミリーを変えて、最後はみんないい人たちにお世話になっていたと思います。

◎留学を終えて

5ヶ月間は本当にあっという間でした。最初の1ヶ月は生活に慣れるので精一杯でしたが、それからは毎日楽しくて、帰る頃にはもっとカナダにいたいと思いました。留学は私の中では大きな決断で不安もたくさんありましたが、留学して本当によかったと思っています。留学で学んだことはたくさんあるので、それらを将来何かに生かしていきたいと思います。