オークランド工科大学留学帰国レポート

オークランド工科大学【2014年度前期帰国】

レポート作成T.S

 

留学のための準備について。現金を持ち歩くのが怖いという場合は、渡航前に海外でお金に困ることのないようにキャッシュパスポートやクレジットカードなどを用意しておいたほうがいいかもしれません。私の留学中は、キャッシュパスポートを使用していたのでATMでいくらか引き出して現金で生活していました。

しかし一番良いのは、送金してもらったお金を現地の銀行に入れておくことかなと思います。何回も引き出すと手数料がかかるので、まとめて引き出すことをおすすめします。

 

学業面では、基本的なことですが単語をたくさん知っておくと何かと伝えるときに苦労が少ないと思いました。持っていくべきものは、PCやラップトップなどももしあれば役立つと思います。しかし、荷物になるのでどちらかで十分だと思います。

 

ニュージーランドは夏でも朝方と夕方は冷えるので、厚手の上着などがあれば大いに役立つと思います。また、街中でも坂道が多いので歩きやすい靴に加え、ウォーキングシューズなどがあればとても良いと思いました。

ニュージーランドの現地人は、健康志向なのでウォーキングやランニングをしている人たちをよく見かけます。ニュージーランド人のライフスタイルは、時間をゆっくり使い、必要最低限で、もので溢れていないという印象を受けました。彼らは、ショッピングよりも野外でのアクティビティやスポーツを好み、自然の中に身を置くことや健康に過ごす暮らし方を知っていました。

 

私は留学前いつも忙しく予定に追われていたので、最初は時間が有り余っているように感じていましたが、今ではゆっくりとした時間の使い方ができるようになったので留学先がニュージーランドでよかったと思います。

ニュージーランドの気候は比較的大きな寒暖差がなく、過ごしやすいと思います。夏は紫外線が強いですが、気温的には日本の夏ほど暑くなく天気も良いことが多いです。冬も寒いですが、日本の冬と比べると真冬ほどの寒さではないです。コート、マフラーや手袋などはあると良いと思います。

冬は雨の日も少なかったです。私が行った時期は9月だったのですがまだ肌寒く、春は特に天気が変わりやすかったです。雨もしばしば、風は海が近いせいかとても強いです。語学学校について感じたことは、一般英語コースを11ヶ月受講するのは少し長いと感じました。他の国の留学生はそのまま大学へ進学することが多く、IELTSテストのためのコースやGIEという大学進学向けのコースを受講していました。IELTSを受けることはないと思い、そのコースを選択しなかったのですが、受けてみるのもよかったかもしれません。

 

学校の近辺はシティーセンターなので、特にものに困ることはありません。しばしばホームレスの人を見かけることもありますが、害を与えられることもないです。夜中に一人で出歩いたりしなければ、治安はさほど悪くないです。

 

友達に誘ってもらったりして外食することもありますが、基本的に自炊して簡単なものを食べていました。3連休や、クリスマス休暇などを利用して旅行に行きました。ニュージーランドはなんといっても自然と壮大な景色がとても素晴らしいので、機会があればオークランド以外の地方もぜひ訪れるべきだと思います。

 

留学して一番良かったと思えることは、英語を話す生活に慣れたことです。抵抗なく英語に触れることができるようになりました。また、様々な国の友人と交流し、それぞれの国に興味をもちました。留学に来ていなければ、知らなかったこともたくさんあります。しかし、百聞は一見に如かずというので、いつかその国にも訪れたいと思います。

 

留学中に辛かったことは、自分の考えや思っていることを伝えるのが難しく、よく会話が詰まっていたことです。なんて言ったらよいかわからなくて会話中に考えてしまう場面がよくあり、最初の頃はもどかしい思いをしました。留学前は将来についてぼんやりと考えていましたが、留学中に出会った海外の留学生には既に働いている人やエンジニアなど専門的な勉強をしている人ばかりで、私も将来について深く考えさせられました。

 

留学を終えた今思うことは、英語だけでなく多種多様な面で成長できたと思います。外国人に日本のことについて説明したり、日本のことでも知らないことがたくさんあることに気づいたりすることがありました。また、客観的な意見や感想を聞くことで、様々な角度から日本を見ることができたと思います。日本のこと以外にも世界には私の知らないことがたくさんあることを認識し、もっといろんなことを知りたいと思いました。留学を経験していなければ、たくさんの他国の友人たちに恵まれることもなかったと思います。

 

私は留学中にたくさんの人に親切にしていただいたので、私も日本に来ている留学生や外国人の観光者のような人たちに対して積極的にサポートしたいと思いました。もちろんニュージーランドで出会った人たちとはずっとつながっていきたいです。日本でも英語の勉強はできますが、たくさんの海外の友達に出会い、交流することは日本ではなかなかできないと思います。その国の文化や習慣、宗教などを直接聞くことができたので、他の学び方よりもはるかに印象に残る方法ではないかと思います。

 

この留学で、自分自身も自立でき、成長できたと思います。この一年間の経験は私にとって人生でとても大事な時間となりました。この経験を生かして、将来は英語を使い働きたいと考えています。留学前は、英語を話すことが自分の中のゴールでしたが、今行ってみて思うことは、英語を習得することはコミュニケーションをより豊かにするツールになるということですこれからはもっと人に伝える力を磨きたいと思いました。機会があれば他の言語もいくつか学び、自分と全く違う環境にいた人の話をたくさん聞いてみたいです。