オークランド工科大学留学帰国レポート

オークランド工科大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成F.C

 私はニュージーランドのオークランド工科大学というところに8月から⒓月まで留学をしていました。今まで英語を話す環境に行ったことがなく、とても不安でとても楽しみでした。留学初日、まわりが英語しかない、これから英語を話す人の家に住むと考えると憂鬱な気分になったのを覚えています。しかし、学校に行くと授業はとても楽しく、留学にきてよかったと思えました。夏休みということもあり、短期の日本人留学生はとても多かったです。しかし、9月になると一気に日本人は減り、英語漬けの環境になりました。クラスに日本人はいなく、日本語が話せないという環境がとてもわたしにはうれしかったです。放課後は学校で勉強して何度も先生に質問しました。英語でなかなか自分の思いを伝えれなくて、もどかしい思いを何度も経験しました。先生に日記を見てもらうことも頼みました。これはわたしのライティング力を本当にあげてくれました。留学の半ばでわたしは少し離れたロトルアというところに旅行に行きました。日本では決して見られない大自然を見ることができ、とても満足でした。留学中は何度も日本のすごさを痛感しました。交通の便に関して日本はすごい便利だと思います。たくさんの線の電車や地下鉄、阪急、京阪などがありどこに行くにも電車です。しかし、ニュージランドはどこに行くにもバスが基本で、しかも時間通りに来ることはあまりなく、次にとまるバス停も教えてくれません。電車もありますが、しょっちゅう使うことはありません。便利さに慣れているわたしにとって、交通の面で苦痛でしたが、ニュージーランドの食べ物や先生の授業はとても大好きでした。またいつか行きたいと思わせてくれた国であり、将来の夢を見つけさせてくれた学校でした。