オークランド工科大学留学帰国レポート

AUT international house

レポート作成K.N

 

 

 

 

 

 

AUT international house (オークランド工科大学付属語学学校)

◎学校について◎

ニュージーランド、オークランドcity中心部にあるAUT ihにはアジアからの学生やヨーロッパほか各国から英語を学ぶための学生が所属していました。多い時には日本人も10人程度いました。授業はCore Class, Elective Class, ILC Classに分かれており平日は毎日学校がありました。ILC Classは週に1度だけあり、この時間は授業とは違ってパソコンや教材を使って自主学習をしたりクラスの友達とchattingしたりしていました。学校は基本昼過ぎには終わっていたのでランチしにレストランに行ったり、夜にはパーティに参加したりして毎日友人達と楽しく過ごしていました。

◎生活について◎

NZ留学の最初の約三ヶ月はホームステイに滞在し、残りの約六ヶ月はアパートのシェアハウスで生活していました。ホームステイ先にはホストファザー、マザーと子ども二人がおり、とても親切で優しい家庭でした。休みの日には子ども達と公園やビーチに行って遊んだり、マザーと買い物に行ったりしました。三ヶ月経ったころには英語にもNZでの生活にも慣れてきたので、city中心部にあるアパートに引っ越しました。このアパートでは韓国二人、ブラジル一人、サウディアラビア二人と私の計六人で生活していました。基本的な家事、炊事は自分で、他掃除などはルームメイトと分担して行っていました。日本人以外の人たちとの生活は初めてでとても新鮮で楽しかったです。

◎留学を終えて◎

初めての海外での生活で、その上長期間だったので最初はとても不安でしたがだんだん慣れてきて帰るころには少し寂しかったです。NZにはいろんな国からの移民が多く、NZ人だけではなく様々の国から来ている人たちと交流することができました。特に思い出に残っているのはやはりシェアハウスでの生活でした。自炊生活が人生で初めてだったのに、その上他国の人たちとの生活はやはり大変なこともありましたが終えてみるととても充実した生活だったなと思います。NZでのすべての出会いがわたしにとって大きな財産となりました。